ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ももクロ、ドームツアーファイナル1日目に「アメリカ横断ウルトラライブ」、スズキハスラー「ワクワクドライブ企画」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ももいろクローバーZが、4月2日に埼玉・西武プリンスドームにてドームツアー「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」ツアーファイナル初日を迎え、36,980人を動員した。ライブ途中には「アメリカ横断ウルトラライブ」と称し、ニューヨーク・ロサンゼルス・ハワイでの3箇所計4公演のアメリカライブ開催も発表された。

「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」とは2月に同時発売された3rdアルバム&4thアルバムのリリースツアー。愛知・ナゴヤドーム、北海道・札幌ドーム、大阪・京セラドーム、福岡・ヤフオク!ドームを周り、本日、最終の地であり、ももいろクローバーZとゆかりも深い西武プリンスドームでツアーファイナルを迎えた。ツアーは札幌ドーム以外全て2日間開催となり、1日目が「AMARANTHUS」公演、2日目が「白金の夜明け」公演になることが事前にアナウンスされていた。

開演時間になり、会場にアルバムプロローグ「embryo -prologue」が鳴り響くと大きな歓声があがり、メンバーがステージにポップアップで舞台上に飛び出すと共にライブはアルバムリード曲「WE ARE BORN」からスタートした。アルバムセットリスト順に「モノクロデッサン」「ゴリラパンチ」「武陵桃源なかよし物語」と次々にパフォーマンスするももいろクローバーZ。「青春賦」では玉井詩織によるソロピアノから始まるピアノ伴奏、「デモンストレーション」では百田夏菜子によるフープダンス、「泣いてもいいんだよ」では佐々木彩夏によるエレキギター、「Guns N’Diamond」では高城れにによるタップダンスと、各メンバーによるソロパフォーマンスが披露された。

アルバム収録曲のパフォーマンスが終わり、インターバルVTRを挟んでOVERTUREが鳴り響き第二部がスタート。二部では「Z女戦争」や「ももクロのニッポン万歳!」「Chai Maxx」「行くぜっ!怪盗少女」等の人気楽曲がドーム上空の巨大バルーンによるフライング等、パワーアップした演出と共にパフォーマンスされた。

途中、MCではももいろクローバーZがCMキャラクターを担当しているスズキハスラーの「ワクワクドライブ企画」がVTR上で発表された。本企画は自動車免許を持たないももいろクローバーZのメンバーから1人が自動車免許を取得してハスラーでドライブをするという企画。VTR終了後、あーりんロボ(スズキハスラーバージョン)が突如登場し、ドラムロールの後に玉井詩織が免許を取得することを発表した。ももいろクローバーZとハスラーの今後の情報に期待したい。

そしてアンコールでは、VTR上でニューヨーク・ロサンゼルス・ハワイの3箇所計4公演のアメリカツアー「アメリカ横断ウルトラライブ」も発表された。

Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z

公演詳細
「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」
DAY1 AMARANTHUS
日時:2016年4月2日
会場:埼玉・西武プリンスドーム
-SETLIST-
1. embryo -prologue-
2. WE ARE BORN
3. モノクロデッサン
4. ゴリラパンチ
5. 武陵桃源なかよし物語
6. 勝手に君に
7. 青春賦
8. サボテンとリボン
9. デモンストレーション
10. 仏桑花
11. 泣いてもいいんだよ
12. Guns N’ Diamond
13. バイバイでさようなら
14. HAPPY Re:BIRTHDAY
15. overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜
16. Z女戦争
17. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
18. ももクロのニッポン万歳!
19. いつか君が
20. 行く春来る春
21. 黒い週末
22. Chai Maxx
23. ツヨクツヨク
24. 行くぜっ!怪盗少女
-ENCORE-
25. 走れ!
26. スターダストセレナーデ

関連リンク

ももいろクローバーZ オフィシャルサイトhttp://www.momoclo.net/
キングレコード公式ももいろクローバーZ twitterhttps://twitter.com/momoclo_king_pr

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP