ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ももクロのドームツアーファイナルで玉井詩織が加山雄三より「若大将」を襲名、夏に横浜国際総合競技場での2DAYSライブも決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ももいろクローバーZが、4月3日に埼玉・西武プリンスドームにてドームツアー「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」ツアーファイナルを行い37,059人を動員、ドームツアー述べ252,078人を動員した。ライブには加山雄三がスペシャルゲストとして参加し、玉井詩織の「若大将」襲名式や「君といつまでも」をメンバーと共にパフォーマンスした。さらにアンコールパートでは、8月13日・14日に神奈川・横浜国際総合競技場で夏の名物ライブ「桃神祭2016 〜鬼ヶ島〜」を開催することが松崎しげるによってサプライズ発表された。

「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」とは2月に同時発売された3rdアルバム&4thアルバムのリリースツアー。愛知・ナゴヤドーム、北海道・札幌ドーム、大阪・京セラドーム、福岡・ヤフオク!ドームを周り、本日、最終の地であり、ももいろクローバーZとゆかりも深い西武プリンスドームでツアーファイナルを迎えた。ツアーは札幌ドーム以外全て2日間開催となり、1日目が「AMARANTHUS」公演、2日目が「白金の夜明け」公演になることが事前にアナウンスされていた。

開演時間になり、会場にアルバムプロローグ「個のA、始まりのZ -prologue-」が鳴り響くと大きな歓声があがり、メンバーがステージ上空のバルーンへとステージからフライングに乗って宙に舞い4thアルバム「白金の夜明け」M2収録曲「桃源郷」をパフォーマンスした。その後、センターステージに降り立ったメンバーはアルバムリード曲「マホロバケーション」「白金の夜明け」とアルバム収録曲順に続けざまにパフォーマンス。「夢の浮世に咲いてみな」では佐々木彩夏がエレキギターをかき鳴らすパフォーマンスから、ライブ中も演奏を担当し会場を沸かせた。清竜人制作楽曲である「イマジネーション」では百田夏菜子がソロフープダンス、「MOON PRIDE」では玉井詩織によるピアノ弾き語り、「『Z』の誓い」では高城れにがタップダンスをそれぞれ続けざまにパフォーマンスし、進化し続けるももいろクローバーZのライブパフォーマンスを見せつけた。その後も「愛を継ぐもの」「もっ黒ニナル果て」「桃色空」ではメンバーそれぞれがバルーンに乗り会場全体でパフォーマンスを行い、アルバム再現ライブとなる第一部を終えた。

「overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜」から幕を開けた第二部では、MC中に加山雄三がスペシャルゲストとして登場。改めて「若大将」の名を引き継ぐ玉井詩織の「若大将襲名式」を行い、加山雄三から玉井詩織にギターが託され、「君といつまでも」をももいろクローバーZと共にパフォーマンスした。ももいろクローバーZは加山雄三が主催する「ゴー!ゴー!若大将FESTIVAL」(東京国際フォーラム ホールA)に4月7日出演することも決定している。

その後も「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「My Dear Fellow」「行くぜっ!怪盗少女」等がパフォーマンスされた。アンコールパートでは、ももいろクローバーZが発表を行おうとすると、突如バルーンが動き出し松崎しげるが登場。「愛のメモリー」と共に8月13日・14日に横浜国際総合競技場で夏の恒例ライブ「桃神祭2016 〜鬼ヶ島〜」を行うことを発表した。

ラストには「あの空へ向かって」を会場全体とパフォーマンスし、ももいろクローバーZが2月より全国5箇所で行い、述べ252,078人を動員したドームツアー「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」は大歓声と共に幕を閉じた。

Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z

公演詳細
「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」
DAY2 [白金の夜明け]
日時:2016年4月3日(日)
会場:埼玉・西武プリンスドーム
-SETLIST-
1. 個のA、始まりのZ -prologue-
2. 桃源郷
3. 白金の夜明け
4. マホロバケーション
5. 夢の浮世に咲いてみな
6. ROCK THE BOAT
7. 希望の向こうへ
8. カントリーローズ -時の旅人-
9. イマジネーション
10. MOON PRIDE
11. 「Z」の誓い
12. 愛を継ぐもの
13. もっ黒ニナル果て
14. 桃色空
15. overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜
16. 労働讃歌
17. CONTRADICTION
18. サラバ、愛しき悲しみたちよ
19. ももいろパンチ
20. ももクロのニッポン万歳!
21. 行く春来る春
22. My Dear Fellow
23. コノウタ
24. 行くぜっ!怪盗少女
25. GOUNN
〜ENCORE〜
26. 走れ!
27. 僕等のセンチュリー
28. あの空へ向かって

関連リンク

ももいろクローバーZ オフィシャルサイトhttp://www.momoclo.net/
キングレコード公式ももいろクローバーZ twitterhttps://twitter.com/momoclo_king_pr

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP