体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イギリス湖水地方を満喫できるおすすめ観光スポット

Photo credit: Peer Lawther via flickr cc

Photo credit: Peer Lawther via flickr cc

こんにちは! Compathy MagazineライターのMayumiです。
誰もが一度は憧れるイギリス湖水地方は、ピーターラビットゆかりの地でもあり、ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターの生涯を描いた『ミス・ポター』のロケ地でもあります。100年前のイギリスの大自然が今も残る湖水地方は、美しい山と湖に囲まれた自然豊かな場所です。詩人や芸術家を魅了し続けるイギリス湖水地方。美しい自然に身も心も癒されるはずです。
今日はそんな湖水地方の魅力的な観光スポットを紹介します。

湖水地方とは?

湖水地方(こすいちほう、英:Lake District)は、イングランド(England)北西部ウェストモーランド・カンバーランド郡・ランカシャー地方にまたがる地域の名称である。
氷河時代の痕跡が色濃く残り、渓谷沿いに大小無数の湖(英:lake)が点在する風光明媚な地域で、イングランド有数のリゾート地・保養地としても知られる。The Lakes、Lakelandなどとも呼ばれる。
湖水地方のほとんどの地域に相当する約2300平方キロメートルは、1951年にレイク・ディストリクト・ナショナル・パーク(Lake District National Park)と呼ばれるナショナル・パーク(National Park、日本の国立公園に相当)に指定された。イングランドとウェールズにある13のナショナル・パークにおいては最も広い面積を持ち、イギリス全体でみてもスコットランドにあるケアンゴーム・ナショナル・パーク(Cairngorms National Park)に次いで2番目の広さを誇る。
出典:湖水地方-Wikipedia

ピーターラビットの物語が生まれた湖水地方

誰もが一度は読んだことのあるピーターラビット。お話の舞台になった湖水地方にはピーターラビットの作者であるビアトリクス・ポターが住んでいたニアー・ソーリーという小さな村があります。
またこの場所には、ポターが晩年に住んでいた家があり、数々の名作が生み出されました。まるで絵本の中に飛び込んだかのような情景が広がるこの地には、6ヶ所の湖、500ヶ所以上の池があると言われています。

ピーターラビット(Peter Rabbit)は、ビアトリクス・ポターの児童書に登場する主役キャラクターであり、シリーズ作品の総称ともなっている。「ピーターうさぎ」と翻訳されている場合もある。このキャラクターは擬人化され、明るい青色の上着を着用した姿で描かれている。
1893年9月4日にビアトリクス・ポターが友人の息子に宛てた絵手紙が原型である(同日がピーターラビットの誕生日とされる)。1902年には初の本「The Tale of Peter Rabbit(日本語タイトル:ピーターラビットのおはなし ピーターうさぎ、ピーターうさぎのぼうけん)」が出版される。
出典:ピーターラビット-Wikipedia

ウィンダミア

湖水地方の玄関口であるウィンダミア(Windermere)には、湖水地方で一番大きな湖のウィンダミア湖があります。湖水地方の観光の中心地であるこの場所は、バスや列車での移動の起点にもなっています。また、宿泊できる宿も多く、湖の周辺にはカフェやレストラン、お土産屋さんがあります。

ウィンダミア湖

Photo credit: Yuichi Kudo「 英国スコットランドとイングランドの旅」

Photo credit: Yuichi Kudo「英国スコットランドとイングランドの旅」

イングランドで最大の面積を持つウィンダミア湖。気持ちの良い湖風が吹くこの場所の周辺には羊の牧場もあり、かわいい羊たちにも出会えますよ。湖畔には白鳥など水鳥も多く、自然豊かなこの地に心が洗われます。
目に映る風景のすべてが絵になるウィンダミア湖。クルーズを楽しむのもおすすめです。

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。