ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファンの力で『ひなビタ♪』倉野川市と鳥取県倉吉市が姉妹都市に!舞台モデルと噂の場所をレッツ聖地巡礼!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年4月1日。鳥取県倉吉市が、コナミデジタルエンタテインメントの運営するweb連動型音楽配信企画『ひなビタ♪』の舞台である架空の都市「倉野川市」と姉妹都市提携を発表しました。実在の自治体が架空の自治体と姉妹都市になるのは日本初。『ひなビタ♪』は、BEMANIシリーズにも楽曲が提供されているので、音ゲーマーにもお馴染みですね。

【関連:ゲームセンターの筐体にカッターの刃が仕込まれ怪我?ネットで注意喚起】

倉吉市と架空の倉野川市が姉妹都市に!(c)Konami Digital Entertainment

日付が日付だったので、エイプリルフール企画じゃないか……と思って問い合わせてみると「ガチです」とのこと。こりゃ行ってみるしかない!
ということで、やってきました倉吉市。

倉吉に来ましたよ!

駅には『ひなビタ♪』の日向美ビタースイーツ♪のメンバーと日向美商店街のマスコットキャラ「ひなちくん」のキャラクターパネルが。ひなちくんのところに顔を入れて記念撮影もできます。

記念撮影できるキャラパネル

駅前は姉妹都市提携を祝うのぼりがずらり。ふおぉおおお……マジだ! マジだ!

のぼりが並んでます

倉吉市役所に到着。丹下健三の設計で1957(昭和32)年に完成し、同年の第9回日本建築学会作品賞を受賞した由緒正しい庁舎です。市庁舎としては、現存最古の丹下作品なんだとか。

倉吉市庁舎に来ました!

発表会の会場へ。

会場はこちら

まずは倉吉市の石田耕太郎市長による挨拶。姉妹都市提携に至る経緯が明らかにされました。

挨拶する石田耕太郎・倉吉市長

それによると、この姉妹都市提携のきっかけになったのは、ファンの力だったとのこと。
倉野川市のモデルについて、公式には言及されていないものの、公式Facebookに「倉野川市の風景」として掲載されるイラストが、ファンの間で「倉吉市に似てる……ってか、どう見ても倉吉じゃね?」と話題になりました。

例えば、こんな感じ。白壁の土蔵が建ち並ぶ風景。

白壁の土蔵群

銭湯は倉吉市の「大社湯」にそっくり。

お風呂屋さん (c)Konami Digital Entertainment

倉吉の大社湯

参道の風景も、倉吉市にある「大蓮寺」の参道にそっくりです。

参道 (c)Konami Digital Entertainment

倉吉・大蓮寺の参道

この橋も、学校(日向美高校)の裏手によく似てますね。

学校の裏の道?

これにより、聖地巡礼として倉吉市を訪れるファンが増えてきたのです。
その盛り上がりから「作品の舞台である倉野川市と姉妹都市になっては?」と市議会で提案があり、今日の発表に至ったとのこと。市議会も市議会だけど、それを受け入れる市長も市長だ……(褒め言葉)。とってもとっても、ありがとう。

倉野川市代表として出席した、倉野川市観光課の「ふるさと倉野川TMO」久領堤纏タウンマネージャーと姉妹都市提携協定書を取り交わす、倉吉市の石田市長。この笑顔が全てを物語ってますね。

姉妹都市提携協定書を取り交わします

協定書には倉吉市の石田市長とともに、倉野川市の貴船元佐市長の署名も。倉野川市長の名前、初めて知った気がする……。

協定書には両市長のサインが

そして、日向美ビタースイーツ♪が「くらよし観光大使」に就任。代表してリーダーの山形まり花に市長がタスキをかけます。
日向美ビタースイーツ♪は倉野川市の観光大使でもあるので、両市の架け橋となることが期待されますね。

日向美ビタースイーツ♪と倉吉市長

くらよし観光大使の委嘱状

市長も嬉しそうです。

倉吉の石田市長も嬉しそう

発表会終了後、石田市長とまり花の囲み取材もありました。

倉吉市・石田市長の囲み取材

そしてこの日、倉吉市は倉吉まち魅力開発プロジェクトをスタート。特設サイト「くらよし♪」をオープンさせました。まさに倉吉の「地方創生☆チクワクティクス」な展開です。
市役所の観光振興係はこんな感じ。

倉吉市の観光振興係

久領堤纏のデスクも設置されてます。倉野川市から出向してきてるんですね。

久領堤纏のデスク!

市内各所には、キャラの等身大パネルが設置されています。

ふぉおおお……フィギュアがいっぱいだよー!

イブだしっ!ここは昔の豪商の家だったんだって

凛よ……風情のあるお屋敷だわ

咲子ですっ!コーヒーでひと休みしてくださいねっ

お寺にいるめう!住職さんはいい人めう!

倉吉線のモーターカーにも乗ってるめう!

一口たい焼でファンにも知られている「りんりんや」には、りんりん先生こと霜月凛のパネル。

一口たい焼きのりんりんや

りんりん先生

「こんなかわいい子が看板娘になってくれて嬉しいよ」と、りんりんやのご主人も笑顔。……うん、ちょうど同じ頃(2012年秋)にスタートした、ガルパンの茨城県東茨城郡大洗町みたいな温かさを感じます。

りんりん先生とりんりんやのご主人

現在、倉吉市では「くらよし春祭り」を開催中。ちょうど取材時は桜が満開でした。

市役所に隣接する打吹公園

でも『ひなビタ♪』にとって、桜の本番はこれから。4月16日・17日に、倉吉市の白壁土蔵街周辺で「くらよし桜まつり♪」が開催されます。17日には、倉吉未来中心大ホールで出演声優(日高里菜さん、津田美波さん、五十嵐裕美さん、山口愛さん、日南結里さん、小澤亜季さん)のトークショーと、新曲発表会が行われます。注目の新曲は、ふるさとの良さを伝えるために作った「老若男女誰もが楽しめる音頭」とのこと。これは夏が楽しみですね!

さて、倉吉と『ひなビタ♪』を語る上で忘れてはいけない場所に行かなくては。そう、あの「ちくわパフェ」が食べられる、ティーハウス・ダイアナさんです。

ちくパの聖地、ティーハウス・ダイアナ

既に入り口に「倉野川名物ちくわパフェ」って書いてあるし……。

入り口に看板もあります

店内では『ひなビタ♪』のキャラクッキーも売られています。

『ひなビタ♪』キャラクッキー

コミュニケーションノートを見ると、比較的近い関西だけでなく、北は山形県から、南は熊本県までと幅広い範囲から来てる様子。そして日本だけでなく、韓国からも。ふおぉおおお……ちくパ(CKP)の魅力、恐るべし。

店内のコミュニケーションノート

なんと韓国からも来店してます!

このちくわパフェ、春日咲子の実家である喫茶店「シャノワール」とダイアナが似てる……ということで訪れた『ひなビタ♪』ファンが、何の気なしに「(シャノワール名物の)ちくわパフェってありませんか?」と聞いたことがきっかけになったといいます。

最初マスターも「?」という感じだったのですが、ファンの方の説明により「作ってみたら面白そう」と思って、試行錯誤の末に商品化したとのこと。今ではマスターも「ちくパおじさん」として、ファンに知られる存在になりました。

たまたまお店にいた年配の常連さんにお話を聞いたら、
「最初は『なんてもの作るんだ』と思ったけど、これのお陰でたくさんお客さんが来るようになったんだから、よかったんじゃないかしら」
と語ってくれました。新規のお客さんが増えすぎると店の雰囲気が変わり、常連さんにとって居心地が悪くなるケースがよく見受けられますが、お店を訪れるファンの方のマナーもいいんでしょうね。
注文が入り、次々作られるちくわパフェ。ち・く・パ☆ ち・く・パ☆ CKP! CKP!

CKP! CKP!

やってまいりました。このビジュアルです。白いクリームとちくわの地肌、抹茶アイスとちくわに入ってる枝豆の緑、イチゴとちくわに入った桜エビの赤が、それぞれ見事に呼応してますね……。

倉野川名物、ちくわパフェ

使用されているちくわは、鳥取名物の「とうふちくわ」。江戸時代、鳥取藩の倹約策で練り物に占める魚の使用量を減らす為、豆腐を混ぜたことで誕生したものだそうです。2本立っているのは「因幡の白うさぎ」の耳をイメージしてるんだとか。

このお店のパフェは、基本的に700円で統一されているのですが、ちくわパフェだけは600円のサービス価格。実はとうふちくわって、スーパーで売られてる通常のちくわより高いんですよ。ひょっとしたら、原価は他のパフェより高いかもしれないなぁ……。

肝心のお味は、というと……意外にいける! 抹茶アイスとちくわの相性がいいんですよ。それほど塩気が強くないし、甘さも控えめなので、ちょうどいい感じ。豆腐ちくわもふわふわした食感で、他の具材と違和感なく溶け込んでます。

くらよし桜まつり♪の新曲発表会がある4月17日も、ダイアナさんは営業予定。みんな! イベント終わりにCKP食べられるぞ!

ダイアナさんは17日も営業!

『ひなビタ♪』に対するガチっぷりがハンパない倉吉市。これからのコラボ展開に大注目です!

(取材:咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

色んなものに調合可!モンハンハチミツが老舗ハチミツメーカーより新発売
元宝塚・柚希礼音主演で『ミュージカル バイオハザード』上演決定
俺はアウトロー教師だったぜェーっ!『学園ハンサム』西園寺輝彦のキャラCD発売決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP