体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレー好き高校生に送る!思わず話したくなるカレートリビアまとめ <みんツイ研>

みんなのTweet研究会”では、同世代のTweet内容をデータ分析のエキスパート企業さんと一緒に分析し、頻出したキーワードを元に大学生ライターが記事にしていきます!

ピリッとした辛さに食欲をそそるスパイシーな香り、「辛い!」と言いながらもついつい食べ続けてしまう…そう、そんな不思議な魅力を持ったカレー。もはや国民食と言えるカレーは、給食や合宿、キャンプなど、学生生活の定番メニューです。

カレーを愛してやまない、カレーが好きで好きで仕方がない!そんな人もきっといるはず。今回は、カレー好きのあなたに送る、ついつい自慢したくなっちゃうようなカレー雑学をご紹介します!

「世界のカレーは全29種類」

チキンカレー、シーフードカレー、グリーンカレー…「カレー」と聞いて、皆さんはどれくらいの種類を思い浮かべることができるでしょう?

カレーで町おこしを目指した委員会の調査によると、世界中にあるカレーを細かく分類し、さらにカレーうどんやスープカレーのような新勢力も加えると、世界には全部で29種のカレーが存在しているそうです。1つの料理にこんなにバリエーションがあるなんて、ちょっとびっくりですよね。

世界中のカレーを食べつくしたい!そんな熱い気持ちを持ったカレーファンでも、29種類もあるとなると、二の足を踏んでしまいます。現地に行って本場のカレーを!なんて思っていたら、世界一周旅行が出来てしまいそう。

けれど、「やはり世界中のカレーを味わうのは無理なのか…」と、諦めるのはまだ早い!なんと、29種のカレーが全て集う、そんなカレーの聖地が日本国内にあるのです。

その場所とは、ズバリ横浜。

日本にカレーが伝わった経緯には諸説あるものの、他の多くの西洋料理と同じように、横浜から全国に広まったという説が有力とされています。横浜は、日本におけるカレー伝来の地と言えるでしょう。カレー好きとしては、一度は願う野望「カレーの世界制覇」のために、ぜひ一度横浜を訪れてみては!?

「日本最古のカレーに入っていた、驚きの食材」

日本に初めてカレーが伝わったのは、文明開化の明治時代。カレーの具材といえば、ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ、それからお肉。気分によっては魚介を入れてシーフードカレーにしてみたり、ずぼらな私は「カレー味で煮込めばなんでもカレーでしょ?」なんて思っていたり。

ですが日本最古のカレーには、そんな私たちの想像を遙かに超えた食材が使われていたのです。伝来当初のカレーの実態が明らかになったのは、明治初期に刊行された西洋料理のレシピ本。そこには日本最古のカレーの作り方が記されていました。

気になる内容は「みじん切りのネギ、ショウガ、ニンニクをバターで炒めて水を加え、鶏肉、エビ、タイ、カキ、アカガエルを入れて煮、カレー粉を入れて1時間ほどしたら、塩を水溶きの小麦粉を加える」といったもの。…ちょっと待って、アカガエルって?!どうしてカエルを選んだの?!

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。