体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本が100倍楽しめる!“ドクショク”にチャレンジ!<みんツイ研>

みんなのTweet研究会”では、同世代のTweet内容をデータ分析のエキスパート企業さんと一緒に分析し、頻出したキーワードを元に大学生ライターが記事にしていきます!

こんにちは!三度の飯より読書が好き、大学生ライターの山田です。突然ですが、漫画や小説を読んでいて、アニメを見て、「この食べ物おいしそうだな~」とよだれが出そうになることはありませんか?例えばジブリ映画の食べ物がすごく丁寧に、おいしそうに描かれているのは映画の魅力の1つですし、それ以外でも見て・読んで「食べてみたい!」と思うことはあると思います。

そんなあなたに朗報です!読んだものが作れる、夢のようなレシピ本があるんです。今回注目したキーワードは「料理」。タイトルの“ドクショク”は私の造語です。読んで食べる“読食”に挑戦してみました!

『マンガ食堂』/梅本ゆうこ/株式会社リトルモア

これまでに300品以上の漫画料理を再現した著者による、独特の感性で作られた料理の数々!「これぞマンガ飯」の章では『ドラえもん』や『ブラックジャック』からユーモア溢れる料理が再現されています。私が一番おもしろいと思ったのは、『あさりちゃん』で登場した「おたまじゃくしの池」というカスタードパイ(笑)

一見「ええっ」と首を傾げたくなるメニューでも、完成品を見るとおいしそうで食べてみたくなるから不思議なもの。ファンタジーを現実に持ってくることができるのも、料理の魅力です。

「あの女(ひと)の手料理」の章では、漫画のヒロインが作った料理を丁寧に再現。ほとんどが4ステップの簡単なレシピで、女子力(家庭力?)アップ間違いなし?!最近映像化された『失恋ショコラティエ』や『リトルフォレスト』からも、おいしそうな料理が再現されていました。

『まんがキッチンおかわり』/福田里香/太田出版

ただのレシピ本には留まらないこの一冊。「フード理論でまんがを読む」という趣旨で進むエッセイ調の文体で、読み物としても本当に興味深いものでした。著者の福田里香さんが考えるフード理論とは、

1. 善人は、フードをうまそうに食べる

2. 正体不明者は、フードを食べない

3. 悪人は、フードを祖末に扱う

というもの。食べ物とキャラクターの性格を関連付け、上記の「フード三原則」以外にも様々な視点を読者に与えてくれます。これを読んだ後に漫画を読むと、「確かに!なるほど!」と新たな発見も。著者と漫画家さんの「フード」にまつわる対談も間に挟まれ、漫画好きにも料理好きにもおすすめです。

『物語に出てくる楽しいお菓子の作り方』/吉田菊次郎/朝文社

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。