ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

娘の「ヘアアレンジ」に本気を出したママ。アートのレベルに到達!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。

まずは、いくつかその“作品”をご紹介。

娘の“編み込み”に情熱を注ぐ
ママの超絶ヘアアレンジ









娘の髪をアレンジしているのは、メルボルンに暮らすシェリー・ギフォードさん。そして、彼女の編み込みを毎日楽しみにしているのが、娘のグレイスちゃん。

「フレンチブレイド」「ダッチブレイド」といった、オーソドックスなスタイルはマスターしていたものの、バリエーションに欠けると感じたシェリーさん。やっぱり、愛娘の髪の毛をかわいくしてあげたい!と、熱が入ったんでしょうね。SNSを駆使して、世界の“編み込み事情”を独自にリサーチしていったそうです。珍しいアレンジや髪型の投稿を見つけては、コメント欄で技法を聞いたり、動画を見て研究したり。

2014年春には、こうしてマスターしていったスキルに独自の感性を加えたヘアスタイル紹介プロジェクト「Pretty Little Braids」をFacebookInstagramでスタート。もちろんモデルはグレイスちゃん。これが凄かった!ありとあらゆるアレンジ編み込みがずらり。

リボン・ヘアゴム
小物づかいもおしゃれ

グレイスちゃんはまだ小学生ですが、放課後も習いごとで忙しい日々を送っています。その中でもふたりが一日の中で最も向き合える時間が、ヘアアレンジをする朝。シェリーさんはこの時間をとても大切な家族の時間として捉えているとのこと。

編み込みへの飽くなき「探究心」と娘への「愛情」で、ちょっとやそっとじゃマネできない“アートな編み込み”が完成しました。大人顔負けのグレイスちゃんの後ろ姿に注目です!

















Licensed material used with permission by Pretty Little Braids,(Instagram)

関連記事リンク(外部サイト)

子供ができて初めて気づく。お母さんが絶対口にしない「10の愛情」
母親があなたの「一番の親友」である14のサイン
子どものことを、親がどれだけ理解しているかが分かる「名前の無い展覧会」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP