体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

難病の子どもに、360度カメラで「夢」を届けた旅行サイト

総合旅行サイト・エクスペディア(Expedia)が、セント・ジュード小児研究病院で小児ガンとたたかう子どもたちの「夢の冒険(Dream Adventure)」を、360度カメラを用いて実現させたプロジェクトを紹介します。企業の特性を活かして、こんなステキな取り組みをしていたんですね。

あなたの代わりに「旅」します
病院内に大自然を投影!

難病の子どもに、360度カメラで「夢」を届けた旅行サイト

「馬って、ニンジンとリンゴが大好きなんだよ。あとね、多分トマトも…分かんない(笑)」。

ティアラの夢は、大好きな馬がたくさん走る草原に行ってみること。
難病の子どもに、360度カメラで「夢」を届けた旅行サイト

ティアラの夢を叶えるべく、彼女に代わって馬に出会いに旅をするのはエクスペディアの従業員のサラさん。360度カメラで撮影した映像とライブストリーミングの技術を使い、現地とティアラのいる病院をライブ中継でつなぎます。

サラさんは野生の馬を撮影しに一路、アルゼンチンへ。
難病の子どもに、360度カメラで「夢」を届けた旅行サイト

「私にできるただ一つのことは、ティアラに今日がいつもより良い一日だと思ってもらうこと。それだけで十分、ここに来た甲斐があります」。

とサラさん。中継の準備が整いました。
難病の子どもに、360度カメラで「夢」を届けた旅行サイト

車椅子に移りティアラが病室を出て向かった先は、このプロジェクトのために360度映写ができるよう、スクリーンを全方位に張り巡らした病院内の一室。
難病の子どもに、360度カメラで「夢」を届けた旅行サイト
難病の子どもに、360度カメラで「夢」を届けた旅行サイト

中央に配された椅子に腰掛けると、スクリーンに映るサラが語りかけてきました。

「ハイ、ティアラ。野生の馬に会う準備はできてる?」。

すると…、
難病の子どもに、360度カメラで「夢」を届けた旅行サイト

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。