体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

徹底究明!「携帯電話の声は、本人の声ではない」説は本当!?【前編】 ~人の声が届くしくみ~

通信業界では、更なる技術向上に向け、日進月歩で研究が進められています。たとえば携帯電話に関しては、2014年に超高速通信サービス(LTE)による音声通話サービス「VoLTE」が登場。通話音声の品質は格段に向上し、より円滑なコミュニケーションが可能となりました。

そんななか、世間では「携帯電話から聞こえる声は、しゃべっている本人の声ではない」という噂が囁かれているのをご存知でしょうか?

そこで今回は、「携帯電話から聞こえる声って、いったいどんなしくみなのか知りたい!」と、KDDI研究所で、音声・音響技術の研究開発を担当している、堀内俊治氏へインタビューを敢行。前後編に分けて、この噂の真相を解明します! お伝えするのは、学校の理科室でおなじみの私、人体模型です!

モ「T&S読者の皆さんはじめまして。人体模型です。皆さんは、「携帯電話から聞こえる声は、しゃべっている本人の声ではない」って噂を知ってますか? 私も以前ネットで見て気になっていまして、今回はその真相を探るために、埼玉県はふじみ野市にあるKDDI研究所にやって来た次第です。」

 

ピンポーン。「あ、堀内さんにアポ取っている人体模型です」
 

「人体模型さん、お待ちしておりました。会議室へどうぞ」受付のお姉さんが笑顔で対応。かわいいなあ。

モ「おじゃましまーす。さすがKDDI、研究所広いっすね。すれ違う社員さんがみんな、僕のことを怯えた目で見ているのは気のせいかな? 会議室は……っとここだな。コンコン(ノック)。」

堀内「これはこれは人体模型くん。よく来てくれたね。KDDI研究所の堀内と申します。」

モ「はじめまして、人体模型です。あ、いま名刺切らしちゃってて。すいません。」

堀内「(名刺あるんだ……) 見るのは小学生のとき以来だけど、あいかわらず剥き出しなんだね。」

モ「仕事なんで、仕方ないんすよ……。あ、今日は例の噂の件、よろしくお願いします。」

堀内「はい、お話は聞いていますよ。」

モ「さっそくですけど、「携帯電話から聞こえる声は、しゃべっている本人の声ではない」って本当なんですかね? 聞いたときは結構衝撃を受けましたけど。」

堀内「人体模型くん、噂が本当かどうかを結論づける前に、まずは人の声のしくみの説明が必要です。」

モ「え〜、焦らすパターン……。まぁ時間あるし、いいですけど。でも「人の声のしくみ」って、いまいちピンとこないんスよね。」

堀内「つまり、人の声はどのようにして出しているのか? ということです。」

知っているようで知らない! 通話の大前提「人の声のしくみ」

堀内「ご存知の通り、人の喉の奥下には「声帯」という器官がありますね。……人体模型くん、ちょっと失礼。」

モ「あっ……。」

堀内「顔半分だけ借りますね。声というのは、まずこの声帯が振動するかしないか、そして通り道となる喉、口や鼻の形、舌、唇や歯の位置を変えることで、普段聴こえるような音として出てくるんです。」

①肺からの呼気により、音源が作られる。声帯の振動は、実はここでは「ブー」というようなブザーのような音で、音の高低の違いしかないのだ。
②喉、口や鼻で音源を共鳴させ、舌、唇や歯で空気中に放射する。
③人が話す声(音波)になる。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。