ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ジョジョの奇妙な冒険』第四部のアニメがスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」は見逃し厳禁ッ!

荒木飛呂彦の大人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部「ダイヤモンドは砕けない」 のアニメが満を持してスタートした。同作の舞台となっているのは、宿敵DIOとの死闘から11年後となる1999年の世界。空条承太郎が、祖父ジョセフ・ジョースターの隠し子・東方仗助に会うため、日本のM県S市、杜王町にやってきたところから物語はスタートする。

本作の大きな特徴は、日本の郊外が舞台となっていること。壮大な冒険が展開された前3作同様、バトル要素やサスペンス要素の要素はしっかりと盛り込まれているが、学園もの、恋愛もの、果てはグルメを扱ったエピソードなど、読者が感情移入しやすい等身大のスタンド使いたちを描いたエピソードも数多い。また、登場時は頼りなかったものの、戦いの中で成長を重ねる広瀬康一や、悪役として登場するが後に改心し仲間となる虹村億泰、謎に包まれたマンガ家・岸辺露伴はじめ、魅力的なサブキャラクターが多数登場するのもポイントだ。

メインスタッフはこれまでと変わらず、ディレクターは津田尚克、小林靖子がシリーズ構成を手掛け、アニメーション制作はデイヴィッドプロダクションが担当する。「ジョジョ」シリーズの中でも特に人気エピソードを多く抱えているということもあり、いわゆる「神回」が量産されることになりそうな「ダイヤモンドは砕けない」。原作ファンならずとも見逃し厳禁だ。なお放送は、4月1日(金)のTOKYO MXを皮切りに、毎日放送、東北放送、BS11、アニマックスなどでスタートする。放送日程の詳細は公式サイトをチェックしよう。

©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」キービジュアル。鬼才・荒木飛呂彦のセンスが反映された建築物にも注目してほしい

東方仗助 (声 – 小野友樹) :ぶどうヶ丘高校に通う高校1年生。 ジョセフ・ジョースターの隠し子であり、承太郎の叔父。

広瀬康一(声 – 梶 裕貴):仗助の同級生。 登場時は、どこか頼りない性格だったが、物語の中で成長を重ねる。

虹村億泰(声 – 高木 渉) 仗助の同級生。単純で直情的だが情に厚いナイスガイ。 自他共に認めるほどに頭が悪い。。

岸辺露伴(声 – 櫻井孝宏) :杜王町に住む人気漫画家。非常に我儘で自己中心的な奇人。

空条承太郎(声 – 小野大輔):第3部「スターダストクルセイダーズ」の主人公。4部では海洋生物研究の第一人者となっており、仗助たちと共に戦う。

クレイジー・ダイヤモンド:仗助のスタンド。 壊れたものに触れると元の形に「直す」能力をもつ。

▼リンク
テレビアニメ公式ページ
http://jojo-animation.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP