ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【気になる世界の朝ごはん】イタリア中部地方、トスカーナ編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一日のエネルギーをチャージする朝ごはん。できれば美味しいものを食べて、ハッピーに一日をスタートさせたいですよね。みなさんは、和食派? 洋食派? それとも朝ごはんは食べない派? 朝食のスタイルは様々ですが、では世界の人々はどんな朝食で一日をスタートさせているのでしょうか?

美食の国イタリアから、中部地方トスカーナ州、フィレンツェのおいしい朝ごはんをご紹介します。

朝ごはんはBARで立ち食い!

朝ごはんは家でゆっくり座ってとるのではなく、家または職場の側の行きつけのBAR(バール)のカウンターでコーヒーを飲むというのが一般的。


(C) Ryoko Fujihara

こちらが朝のバールの風景。なんだかせわしないって思われるかもしれませんが、いえいえ、そんなことはありません。顔なじみのバリスタや常連客と挨拶をかわし、何気ないおしゃべりを楽しみます。そしてコーヒーを飲み終わると「良い一日を!」と皆にあいさつして店を出ていきます。ちょっと憂鬱な朝も、こんな朝食なら元気がでますよね。

じゃあ、朝ごはんはコーヒーだけなの?

そういう人もいますが、ブリオッシュと呼ばれる甘いパンをコーヒーのお供によく食べます。


(C) Ryoko Fujihara

こちらがそのブリオッシュ。全くクロワッサンなのですが、なぜかトスカーナでは、甘いクロワッサンなどをブリオッシュと呼びます。フランスの人が聞いたら「違う!」と言いそうですが、伝わってくる間に名前がごっちゃになってしまったのでしょう、とにかくブリオッシュというとクロワッサンがでてきます。ジャム入り、クリーム入り、チョコレート入りなど種類も様々です。苦みの強いイタリアのコーヒーに、この甘いパンはよくあいます。

片手にコーヒーカップ、片手にブリオッシュを持って、バーカウンターでおしゃべりしながらとる、イタリアの楽しい朝食のスタイルです。

もしもイタリアを旅することがあったら、ぜひ試したい朝食です。いつか訪れた日のために、フィレンツェのブリオッシュがおいしいおすすめのバールをご紹介しておきます。

ここで朝食をとりたい、ブリオッシュがおいしいおすすめバール

おいしいブリオッシュがあるお店は本当にたくさんあるのですが、観光で訪れた時に行きやすい、中心街にあるおいしいバールを3つピックアップしてご紹介します。


(C) Ryoko Fujihara

■I Dolci di Patrizio Cosi
住所:Piazza Gaetano Salvemini, 15, Firenze

サンタクローチェ教会地区にあるパスティチェリア(パンとお菓子のお店)のバール。生地の香りの良さとおいしさは抜群。バールのすぐ裏が工房になっているので、もし焼きたてに当たったときはさらにおいしく幸せです。

■Coronas Cafè
住所:Via dei Calzaiuoli, 72/r, Firenze

フィレンツェの観光の中心、共和国広場の近く。ブリオッシュもおいしいですが、クリームを挟んだ半円型のイタリアの菓子パン、スフォッリアが、中の濃厚なめらかクリームと、焼けてカラメル状になった周りの砂糖の香ばしさがなんともおいしいです。

■Robiglio
住所:Via dei Tosinghi, 11/r, Firenze

老舗のパスティチェリアが運営するバール。こちらもフィレンツェの大聖堂と共和国広場の間に位置し、観光でも立ち寄りやすい場所にあります。ここにしかないオリジナルブリオッシュもあり、選ぶのを迷ってしまいますが、どれを食べてもおいしいです。人気のブリオッシュはすぐ売り切れてしまうため、その日どんなものが食べられるかはお楽しみです。

コクのあるコーヒーと甘くておいしいブリオッシュで目覚める朝ごはん、試してみたくなりましたか? 美味しい朝ごはんをいただいたなら、「ブォナジョルナータ!(良い一日を)」とお店の人に声をかけて出ましょう。「あなたもね!」と返してくれるでしょう。“良い一日を”と声をかけあって始まる一日は、きっと良い一日になるに違いありません。

[Photo by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP