ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASIAN KUNG-FU GENERATIONがアニメ『NARUTO-ナルト-』テーマ曲を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが実に13年ぶりに、テレビ東京系アニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』のテーマ曲を担当することが分かった。タイトルは「ブラッドサーキュレーター」で、5月から新OPテーマを飾る。

1月にリリースされた映画『ピンクとグレー』主題歌「Right Now」に続き、第2弾シングルとして、アニメ『僕だけがいない街』OPテーマ「Re:Re:」を3月16日にリリースしたばかりのASIAN KUNG-FU GENERATION。これまで、2003年のメジャーデビュー時に『NARUTO -ナルト-』OPテーマとして「遥か彼方」が起用され、2012年公開の劇場版「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」では主題歌「それでは、また明日」を手掛けてきた。そんな、デビュー時より共に成長を果たしてきた盟友ともいえる『NARUTO』と3度目のコラボレーションが実現することになる。

【ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文 コメント】
NARUTOの主題歌を担当できてとても嬉しいです。

去年の秋に、僕らはヨーロッパと中南米までコンサートツアーに出かけました。「遥か彼方」という楽曲が巻き起こす熱狂をとても誇らしく思いました。この曲が用意してくれた扉を開いて、辿り着いた風景でもありました。

正直に告白すれば、曲もアイデアも時間もまったくないところにオファーが来たんですね。でも、断る理由が見当たりませんでした。寝る間を惜しんでも、この曲は書き上げないといけないと思いました。そうすることで、またきっと新しい旅の扉が開くのだという直感もありました。

何より、僕らはNARUTOという作品を特別に思っています。これからも一緒に、世界中を旅する同志だと思っています。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP