ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤原紀香の結婚発表は最悪のタイミング 梨園のタブー破りも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3カラットの巨大なダイヤモンドが輝く結婚指輪を見せ、幸せそうな笑みを浮かべる2人──。3月31日、結婚記者会見を開いた藤原紀香(44)と片岡愛之助(44)の笑顔とは裏腹に、早くも結婚生活を心配する梨園関係者は少なくない。

 歌舞伎役者の妻は夫が出演していれば、ロビーや客席に出向いて贔屓筋をおもてなししたり、日々のお礼状を書いたりするなど、裏方の仕事が待ち構える。1991年に中村橋之助(50)と結婚した女優の三田寛子(50)は、梨園の妻としての仕事に忙殺され、入籍以来24年間、オフは1日もなかったと明かしている。

 紀香は結婚後も芸能界を引退するつもりはないというから、夫のサポートを優先するとはいえ、梨園の妻と女優業の両立が可能なのかと疑問の声が上がっている。そんな声を押し切って結婚に踏み切ったのが愛之助だった。

「当初は結婚に反対していた養父の片岡秀太郎さん(74)も、愛之助さんの思いに根負けして結婚を認めました。交際発覚直後、愛之助さんは他の女性とも飲みに行っていましたが、紀香さんが先回りして“監視”することもあった。そんな彼女の情熱にほだされ、今では歌舞伎界の伝統さえも破るほどの愛情を彼女に感じているようです」(梨園関係者)

 だが今回の結婚発表は、「最悪のタイミング」だったと梨園関係者はいう。

「この3月は関西歌舞伎の大名跡、中村雀右衛門の五代目襲名披露公演が行なわれていました。公演自体は27日で一旦終わっていますが、6月、7月にも襲名公演は続く。関西の歌舞伎界では最大級の祝い事が行なわれている最中に、結婚発表をぶつけるなんて考えられません。愛之助さんは梨園のしきたりを無視するほど紀香さんにのめり込んでいるのでしょう」

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
藤原紀香と片岡愛之助 紀香のマンションで「同棲愛」報道
片岡愛之助 藤原紀香と結婚となれば梨園ではさまざまな障壁
藤原紀香 愛之助も出演する新ドラマで新米バスガイドに挑戦

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP