ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高畑淳子が「胃に穴が…」ブログの真相を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「お梅とのこと、決して許しませんから!」

 そう猛烈に息子の結婚に反対しておきながら、生まれた孫の前では相好を崩す。NHK大河ドラマ『真田丸』で、主人公・真田信繁(堺雅人、42才)の母・薫を演じる高畑淳子(61才)のど真ん中な“姑キャラ”が話題になっている。

 また、3月17日に最終回を迎えた『ナオミとカナコ』(フジテレビ系)では、カタコトの日本語とともに強烈な“中国人女社長”を好演。ドラマ、映画、主演舞台と引っ張りだこで女優として脂が乗り切っている彼女だが、一方で最近はバラエティー番組のトークも人気。同じく演技の道を進む長女・こと美(29才)と長男・裕太(22才)と共演しては息の合う親子のかけ合いを披露している。そんな公私ともに順調に見える彼女が、2月18日、自身のブログに突然こう綴った。

《私的には~~~、ちょ~~~、ショックなこともあり~~~、人生を考え直すかいな という心境では、ありますが、まずは目の前の、有難い仕事をやるべし!!であります》

 深刻そうな告白に心配する声も多く寄せられたが、その3日後に、

《ご心配おかけしましたが、無事解決致しました。胃に穴があくかと思いました。も~~、全て売っ払い、高級老人ホームに入ろうかとも 人生、生きてりゃ色々ありますな》

 と、詳細は語らなかったが、なんとか問題が解決したことを報告した。とはいえ「胃に穴があく」とは穏やかでない。

「実は、新居に一緒に住む住まないで、娘さんとの間にトラブルがあったそうなんです。だから“(自宅を)売っ払って老人ホームに”なんて言葉で高畑さんも怒りをぶちまけてしまった」(芸能関係者)

 2度の結婚を経験している高畑は、2人目の夫との間にこと美と裕太をもうけた。しかしその後離婚。以降は母親の協力を得つつ、シングルマザーとして2人の子供たちを育て上げた。子供たちは現在独立。86才になる母親は都内の別の場所で暮らしているため、高畑は独居となっているわけだが、今秋にも母親と共に暮らすため新居に引っ越し予定だという。

「その準備も含め、こと美さんにすぐに実家に戻ってもらう予定だったはずが、遅れることになってしまった。そこから気持ちがスレ違い母娘げんかになってしまったそうです」(前出・芸能関係者)

 本誌は真相を聞くべく高畑本人を直撃した。

――こと美さんとトラブルがあった?

「あ、トラブルでも何でもないんです。引っ越してくるのが遅くなるので、なぁんだっていうことなんです」

――一緒に住むのが遅れることがショックだった?

「そうですね…(母親は)子供のことばっかり考えてるけど、子供は意外と考えてないなって。だから、私が子離れしなきゃって。子供のことばっかり考えててもしょうがないなって。そんなんだったらもう老人ホーム入っちゃおうかな、と。そんな大ごとにしないでください、本当」

――これからお母さんとこと美さんと一緒に住まれる?

「おばあちゃん1人で置いておくわけにもいかないので。今まで気丈にやってましたが、もう86才ですから。母のおかげで子育てもできましたし、最後はきちんとみたいなと思って…」

 ブログに綴られた“人生を考え直す”ショックな出来事の真相は、娘が実家へ戻る予定が大幅に先送りになったことだった。

 女優業で多忙な自分に代わって子育てをしてくれた母親への感謝を、高畑はことあるごとに明かしていた。そんな母親への思いと、娘の自分に対する態度―母の立場として娘の立場として高畑の感情は揺れたようだ。「とりあえずみんなで住める場所を」探したという高畑。秋には女3代の同居生活が始まる。

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
小泉今日子 古田新太や高畑充希と庶民派もつ焼き居酒屋飲み
現場に息子同伴で売り込む高畑淳子 息子が朝ドラ決定し喜ぶ
高畑淳子と余貴美子の会話に蒼井優は気まずそうに笑うだけ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。