ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラ『とと姉ちゃん』モデル 14歳で歯磨き粉の商品化計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月4日にスタートしたNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』は、高視聴率を叩き出した『あさが来た』の勢いそのままに、早くも話題を呼んでいる。高畑充希(24)が演じるヒロイン・小橋常子は12歳のときに亡くなった父に代わり「父(とと)」となり、家族を養いながら戦中戦後を力強く生き抜く。朝ドラ初主演となる高畑は「刺身と日本酒が大好物。普段からおやじ臭いと言われるので、“おやじヒロイン”と聞いてビビッと来た」と語っており、ハマり役に期待は高まるばかりだ。

 ヒロインのモデルとなったのは天才編集長・花森安治とともに婦人誌『暮しの手帖』を創刊した大橋鎭子(しずこ)だ。本誌読者には馴染みのない雑誌だけに詳しく知らない人も多いことだろう。そんな読者のために、鎭子の数々の伝説を紹介しながらドラマの見所を探る──。

 1920(大正9)年、三姉妹の長女として生まれた鎭子。だが鎭子が10歳のときに父を亡くす。その際、父はこんな遺言を残した。

「鎭子は一番大きいのだから、お母さんを助けて、晴子と芳子の面倒をみてあげなさい」(大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』より)

 その日から文字通り「父(とと)」代わりとなった鎭子は、小学5年生ながらも父の葬儀で喪主を立派に務め上げた。父の遺言を守るため、鎭子は家族を養おうと腐心する。鎭子を知る出版関係者は言う。

「わずか14歳で歯槽膿漏用の歯磨き粉の商品化を計画したそうです。結局、出資者のトラブルで断念せざるを得なかったが、あの企画力はそのころから養われたのかもしれませんね」

 女学校卒業後、一家を支えるため銀行に就職。その後、新聞社へ転職するが、日本は太平洋戦争へと突入し、新聞も出せないほど戦況は悪化していく。だが、防空壕に身を隠しながらも鎭子は未来を見据えていた。

「戦争が終わったあとも、ふつうにお勤めしていては、給料も安いし、母と妹二人を幸せにすることは難しい。自分で仕事をしなければ……自分で仕事をすれば、お金がたくさん入ってくるだろう」(前掲書より)

 そして導き出した答えは「女性の役に立つ雑誌を出版する」という計画だった。

 終戦後、新聞社の上司に相談したところ、偶然引き合わされたのが花森安治である。これが運命の出会いとなる。花森は東京帝大卒で在学中から帝国大学新聞の編集部員としてその名を轟かせ、卒業後は化粧品メーカーを経て満州北部へ出征。帰国後は大政翼賛会に入り、宣伝部員として戦意高揚ポスターや標語を作成したと伝えられる天才編集者である。

 鎭子の思いを知った花森は、彼女にこう語りかけたという。

「ひとつ約束してほしいことがある。それは、もう二度とこんな恐ろしい戦争をしないような世の中にしていくためのものを作りたいということだ(中略)もしみんなに、あったかい家庭があったなら、戦争にならなかったと思う……」(前掲書より)

 こうして鎭子と花森の本作りが始まった。鎭子は東京・銀座に出版社・衣裳研究所を設立し、1946年、花森を編集長に据えて『暮しの手帖』の前身となる『スタイルブック』を創刊した。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
朝ドラ 高畑充希、唐沢寿明、及川光博らがガッツポーズ
戦争を回避することがでなかった理由を紐解く『昭和史講義』
アメリカの原爆投下に戦争責任はないのかを真正面から問う本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。