ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

答えは「旅」だった。「本当は何がしたいの?」と自問自答を続けた日々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!学生バックパッカー/旅するインスタグラマーの“カズキヨ”です!

以前、「心のコンパスの向く方へ!内定を辞退してまでも大学4年生で世界一周すべき理由」で述べました通り、僕は本気で就職活動と向き合い、いわゆる“大手”と言われる企業から「内定」を頂きましたが、それを辞退し「世界一周」へと旅立ちました。

 

今回は、僕が考えに考えた末「内定」をお断りした経緯についてまとめたいと思います!

photo by Kazuki Kiyosawa

 

海外への憧れ

「世界一周がしたい!」と、思う前に、僕には「海外への憧れ」というものがありました。

僕は小学生の頃からアルペンスキーをしていて、過去には東京都選手権に優勝し全国大会に出場したり、イタリア・フランスで行われたチルドレンの世界大会に日本代表として出場していました。

中央大学もスキーのスポーツ推薦で入学するほど、ガンガン行っていました。(2015年3月をもって引退しました)

 

「アルペンスキー」を通して、多くの国々へ行きました。

カナダ/オーストリア/ニュージーランド/イタリア/フランス/スイスetc…

「スキー」を目的に訪れた国々ですが、それでもやっぱり“島国”である日本を離れ、自分たちとは違う国籍、違う文化、違う人種の人たちが遠いようで近くにいること。

 

「自分たちが常識ではない」ということを子供ながらに理解し、また「スキー」という共通のスポーツを通じて、色んな国々に友達が出来るという素晴らしさを感じてきました。

photo by Kazuki Kiyosawa

スキーを中心に多くの理由があって、僕は海外に憧れ、子供ながらに「いつか海外で住んでみたい!」とずっと夢見てきました。

それは、海外留学でも少し長めの旅行でも良かったんです。

 

ただ、自分が奇跡的に生まれ育ったこの日本という場所を遠くから見てみたかったから。

違う環境で、アウェイを楽しみたかったから。違う空気感、違う景色、違う世界を味わってみたかった。いろんな理由があります。

 

「いつか海外に住んでみたい」というぼんやりとした「キーワード」は2つの衝撃的な出会いによって僕を「世界一周」へと導きます。

 

高橋歩さんとの出会い

photo by Kazuki Kiyosawa

20歳の誕生日の日に「高橋歩」という人が書いた本を親友にもらいました。

それが、僕と高橋歩さんとの衝撃的な出会いです。

 

彼の言葉を借りるのなら、”脳みそスパーク”って感じで…そして再び彼の本を手にしたのは、大学4年生の夏。

すでにいくつかの企業から「内定」を頂いた頃でした。「僕が本当にしたいのって『世界一周』なのかもしれない。『ONEPIECE』みたいに大冒険の日々。グランドライン一周!みたいな。

 

そういえば、中3まで本気で、「将来の夢は海賊」とか言ってたことを思い出しました。(本当なんで僕の知人に聞いてみてください)

 

「TABIPPO」との出会い

今はこうやって、ライターとして記事を書かせていただいてる側ですが、「旅大学」に参加したり、「TABIPPO2016」に出場したり、ほんの半年前まで皆さんと同じ1ユーザーでした。

僕が高橋歩さんのメッセージに再び衝撃を受けて、「世界一周ねぇ、世界一周かぁ〜」ってなんとなくググってみて、TABIPPOを見つけました。

 

書いてある内容が、文書が、高橋歩さんに匹敵するぐらいワクワクして、「僕も“一歩さえ”踏み出せば、出来る」って勝手に勇気付けられました。

そして、夢が生まれました「いつか世界一周」したいという夢が。このおふたがたに出会わなければ、「世界一周」ではなく、「留学」または「卒業旅行」になっていたと思います。

 

僕みたいな若者はこれからどんどん出てくると思います。だって、TABIPPOが「若者が旅する文化」を作っているんですから。

 

「それなりの人生」

photo by pixabay

その時すでに、いくつかの「大企業」と呼ばれる企業に内定を頂いていて、面接も進んでいました。

インターンから就活を始め、おそらく周囲の学生よりも内定も頂き、第一志望の広告代理店は最終で落ちてしまったものの、このまま歩いていけば、それなりの人生が待っている予定だった。

そう。それなりの。

 

「それなりの奴に待ってるのは、それなりの人生だよ。」

何の本か思い出せないけど、この言葉にはすごい衝撃を受けました。

…人生1度きり。このまま「海外への憧れ」を口に出せず、人生を浪費し続け、静かに諦めるのは”嫌だ”。

それと同時に、就活中にこんな疑問が浮かびました。

 

「僕が“いつか”したい世界一周っていつできるんだろう?」

 

「就職活動」ってみんな“将来なりたいもの”に向かっていくじゃないですか。僕はどうやったら、「世界一周に迎えるのかな?」って思ったんです。

30歳を過ぎて貯金もそれなりに貯まって、退職してから行くのかな?それとも60歳を過ぎてリタイアしてからゆっくり回るのかな?

 

どっちにしろなんとなく無茶はできない「旅行」になりそうだな。

もしかしたら、「家族」や「キャリア」なんてたくさんのものを背負って、「世界一周する!」なんて言葉にもできないかもな。

俺がしたい「世界一周」ってどんなんだっけ?

・多少の無茶が出来て、
・泥だらけになっても大丈夫で、
・映画のようなストーリーがあって、出会いがあって、
・一生語れるようなかけがえのない経験。
・絶対に「旅行」とは言わせない、圧倒的な「旅」

photo by pixabay

そんな旅がしたいよな…

ってことは、「旅立つタイミングは今しかない。」

 

それが僕が出した答えでした。本当に子供の回答みたいなんですけど、「今しかできないから“世界一周”したい。」これが僕が1番に言える渾身の理由です。

僕はこの夢を諦めることが出来ず、頂いていた内定を全て断り、世界一周へと旅立ちます。

 

なぜなら、「自分の人生の主役は自分」だからです。

 

「僕の人生はまちがいなく僕の人生なのだから」

photo by pixabay

今しか出来ないから、「今」します。本当にしたいことだから、「本当に」します。

以上が僕が「内定」を断って世界一周に出かける理由とキッカケです!

 

もし、「旅」とか「世界一周」に興味があってこのサイトを見ているのであれば、次はアナタの番です。あなたが本当にやりたいこと、忘れかけている夢、あなたの人生を思いっきり生きてください。

関連記事リンク(外部サイト)

宇宙飛行士・山崎直子のアナザースカイ「宇宙」
便利で簡単!すぐにLCCを探せるサイト・アプリまとめ
海外一人旅の不安をブッ飛ばす!1週間のひとり旅で抑えるべき6つのこと
年齢なんて関係ない!アラサー女性だって世界一周できる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP