ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美味しい焼き鳥屋、シワがつきにくいシャツ・・・ひと目でわかる“本当にいいモノ”の見分け方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モノの見分け方事典(編:ホームライフセミナー)

食材の鮮度、食べごろ、高コスパ品、病気のサイン、安全な場所、他人の心理…など、オールジャンル・365日役立つ「見分け方」を初めてイラスト図解で網羅した全く新しい事典。

人生は、選択の連続です。たった1日の中でも、些細な選択が求められるシーンは多々あります。そんな時に役立つのが、『モノの見分け方事典』から紹介する、“本当にいいモノ”の見分け方。覚えておいて、きっと損はないはず。

本当に美味しい焼き鳥屋
「炭火を使っている」

炭火は一度火をつけたら消すことができないため、お客さんの回転率が高い繁盛店であれば、コスト対策になります。しかし、回転率の低いお店の場合、炭火にすると余計なコストがかかってしまいます。そのため、お客さんが途切れる店は、オンオフ可能なガスコンロを使用することが多いのです。

良質的な不動産屋
「格安、抜群などと謳ってない」

意外にアタリハズレの多い不動産屋。優良店の1つのポイントである「営業許可免許番号」の数字は、事前に確認しておきたいところです。数字が大きいほど、長年経営している証拠です。反対に広告で「格安」「抜群」「最高」などと謳っているお店は、要注意。これらの表現は、公正取引協議会の規約で禁止されています。

シワがつきにくいシャツ
「綿50%、ポリエステル50%」

ポリエステルは繊維としての強度が高く、耐久性もあることから、シャツのほかにジャージにもよく使われる素材。「軽くて乾きやすい」というメリットもあります。

乗り心地の良いタクシー
「色は黒or濃紺、車内広告ナシ」

乗り心地の良い、つまりハイグレードタクシーとは、「高級感のあるタクシーを」という要望に答えたもの。いわゆる「黒タク」です。通常よりも車両やタイヤの質が良く、特別な試験をクリアした運転手が乗務しています。黒色のタクシーが一般的な関西圏の方は、関東への出張時にぜひ利用してみては?

いい八百屋
「特売品が毎日変わる」

いい八百屋は、品物を目利きして、新鮮なうちにセールで売り切ります。つまり特売品が毎日変わっているかどうかが、判断材料になるというわけです。お店の人に野菜の調理方法を質問してみるのもいいでしょう。野菜の知識が、そのまま目利きに活かされているはずです。

飛行機で一番いい席
「非常口前の座席」

せっかくの空の旅を満喫しないのはもったいないです。エコノミーシートでもゆったり過ごしたいのなら、非常口の前の座席がオススメ。前方のシートがないので、気にせず足を伸ばせます。飛行機酔いが気になるなら、揺れの少ない前方部分を選びましょう。

質のいい羽毛布団
「重量1キロ未満」

良質な羽毛布団は、ダウンがどれくらい入っているかが重要です。しかし、ただたくさん入っていればいいというわけではありません。ダウン率80%以上のちゃんとした羽毛であれば、1.2キロ以上は入れられません。それ以上入っている場合は、羽毛ではないという証拠です。

本革
「断面の折り返しや塗料ナシ」

一般的には表面に毛穴が見えたら本革と言われていますが、最近の合皮は精度が高いため、見分けるのはなかなか難しいです。そんなときは、断面を見てみましょう。合皮は断面が折り返してあったり塗料が塗られているので、すぐにわかるはずです。

モノの見分け方事典

関連記事リンク(外部サイト)

母親があなたの最初の友達であり、最高の友達である10の理由
イライラした時に、3秒でキモチを落ち着かせる「3つの方法」
母親があなたの「一番の親友」である14のサイン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP