体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

9ヶ月で逆子発覚!「神の手」の噂におびえつつ、やってみた逆子体操

f:id:akasuguedi:20160402230151j:plain

2010年、32歳での初めての妊娠中に経験したことをお伝えたいと思います。

私がお世話になった産院はいわゆる家族経営、親子二代のお医者さんが診てくれるところでした。

ここでは父親を御大先生、息子をジュニア先生としておきます。

御大先生はそれはもうキャリアの長い産婦人科医で、地元ではこちらも、親子二代でお世話になっているという女性患者さんは数知れず。

産院では妊娠16週以降にマタニティビクスの教室があり、私も参加していたのですが、そこに通う中で御大先生は、『神の手』の持ち主だという話を耳にするようになりました。

一体何のことかと、最初は意味が判らなかったのですが、よくよく聞いてみると、逆子の赤ちゃんをお腹の上から手で動かして治す、胎児外回転術と呼ばれる施術の名手だったのです。

結構力を使うものらしい、とか、危険を伴うので最近の産科ではやらなくなって来ており、ジュニア先生はやられないそうだ、とか、出産の4日前に逆子が発覚して、治して貰ってから産んだ人もいる…などなど、『神の手』にまつわる噂は絶えません。

そんな中、予定日が近く、お互い初産ということもあってよく話をしていたSちゃんが、妊娠8ヶ月でなんと逆子になったとのこと。

外回転術で入院になるかも〜と話していた彼女と、1週間後のマタニティビクスの教室で再会しました。

「Sちゃん! どうやった?」

「御大先生のアレ、受けてきたよ」

「じゃあ治ったんやね、良かったな〜」

「うん、逆子は治ってんけど…めっちゃ痛かったわ。しかもお腹の外から押したんでは治らへんかったから、中からも手を入れて回して貰って、それで、なんとか…」

な、中から!?

中ってそれはつまりその、内診の時に器具が入ってくるあの辺りに人の手が入って、そんでもって子宮の中味(いや胎児ですね)を動かされるってこと??

それはもう、怖いというよりもなんだか想像の範疇外で、しかし体験したいかと言われれば、

「いいえ!」

とはっきり答えてしまいそうな出来事で…。

Sちゃんの『武勇伝』に感嘆しつつも、その後はお腹の中の赤ちゃんに向かって、

「逆子はやめといてや…」

と、ついつい話しかけたりしていました。

その少し後、9ヶ月に入り、妊娠33週で妊婦健診に行きました。

腹部エコーで写し出された赤ちゃんを見て、当時の診察担当だったジュニア先生が一言。

「あ、逆子だね。さっきの人も逆子だったんだけど」

な、何それー!?

先日のSちゃんと言い、もしかして逆子が流行してんの!?

(※もちろん、流行するようなものではありません)

そんな私の衝撃をよそに、単に逆子はよくある話なんでしょう。

ジュニア先生は逆子体操の解説プリントを差し出してくれました。

「1週間、体操頑張って。それで治らなかったら入院して、回して貰うことになるから」

「お、御大先生のですよね?」

「うん、そうだよ。それでもうまく行かなかったら、うちでは帝王切開になるからね」

などという会話の後、別室で助産師さんに逆子体操をレクチャーして貰いました。

逆子体操というものについては、母から時折、

「あなたは逆子になってねぇ。頑張って体操したのよ」

といった話を聞いていたので、言葉は知っていたのですが、詳細を聞いていた訳ではなかったので、一体何をするのやら…。

『体操』と言われたら『イチ、二!』と体を動かしそうな感じがしますが、逆子体操はそうではありませんでした。

まずは手と膝を付いて四つ這い姿勢を取ってから、胸がべったりと下に付くように体を動かし、膝の裏の角度が90度になるように、おしりを高く上げた姿勢(胸膝位と呼ばれます)を取ります。

この姿勢を10分続けた後、横向きになって10分休みます。

母体が胸膝位をキープすることで、赤ちゃんのおしりを母体の胸の方へ移動させ、その後は赤ちゃんの背中が上に来るような方向で母体が横向きになり、リラックスすることで、赤ちゃんが自分で回転出来るようにする動作…ということでした。

腹帯を外して行うこと、空腹時に行うこと、そして張り止めの薬(ウテメリンと呼ばれるものです)を毎食後に飲み、異常を感じたら中止するようにと、そういった点に気をつけて実践します。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy