体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タジンだけじゃない。日本でもジワジワとファンを増やしているモロッコ料理を知ろう

160322_morocco-food

モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、ビーフ、チキン、ケフタ(挽肉)……などメニューは幅広い。 他にも様々な料理があるが、どれもスパイスが程良く効いていておいしいものばかり。日本人の舌にも合うのは、全体的にヘルシーで味も複雑で洗練されているからだろう。

最近では国内でもモロッコ料理のお店が増えてきている感があるし、旅行先として考えるなら食べるべきメニューは知っておきたいところ。基本的なモロッコ料理をまとめてみた。

ケーキみたいな前菜
「パスティーラ」

粉砂糖と茶色の色みがまるでチョコレートケーキのようだが、実はパイを使った包み料理。中身は鶏肉が使われる。手が掛かるため、モロッコ料理専門店でもメニューにないところもある。

朝食の定番!
「ムサンメン」

バターとオイルを層状に練りこんだクレープのようなもので、モロッコで食べる朝食の定番。

タジンに似た郷土料理
「タンジーヤ」

マラケシュの郷土料理。素焼の壺で肉を長時間煮込んだもので、ポピュラーなタジンと同じような作り方だが、本場モロッコでもどこのレストランにあるものではない。

某人気ドラマでも話題に
「ハリラ」

トマト、タマネギ、ヒヨコマメが入ったスープで、だしは魚介や羊肉など様々。栄養満点でやさしい味。ラマダン明けに最初に口にするのがこのスープなんだとか。

サラダだってクミンの風味で!
「モロカンサラダ」

ダイス状に切った野菜をクミン味のドレッシングで和えたもの。主役はトマトとタマネギ。

世界最小のパスタ
「クスクス」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。