ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タジンだけじゃない。日本でもジワジワとファンを増やしているモロッコ料理を知ろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、ビーフ、チキン、ケフタ(挽肉)……などメニューは幅広い。 他にも様々な料理があるが、どれもスパイスが程良く効いていておいしいものばかり。日本人の舌にも合うのは、全体的にヘルシーで味も複雑で洗練されているからだろう。

最近では国内でもモロッコ料理のお店が増えてきている感があるし、旅行先として考えるなら食べるべきメニューは知っておきたいところ。基本的なモロッコ料理をまとめてみた。

ケーキみたいな前菜
「パスティーラ」

粉砂糖と茶色の色みがまるでチョコレートケーキのようだが、実はパイを使った包み料理。中身は鶏肉が使われる。手が掛かるため、モロッコ料理専門店でもメニューにないところもある。

朝食の定番!
「ムサンメン」

バターとオイルを層状に練りこんだクレープのようなもので、モロッコで食べる朝食の定番。

タジンに似た郷土料理
「タンジーヤ」

マラケシュの郷土料理。素焼の壺で肉を長時間煮込んだもので、ポピュラーなタジンと同じような作り方だが、本場モロッコでもどこのレストランにあるものではない。

某人気ドラマでも話題に
「ハリラ」

トマト、タマネギ、ヒヨコマメが入ったスープで、だしは魚介や羊肉など様々。栄養満点でやさしい味。ラマダン明けに最初に口にするのがこのスープなんだとか。

サラダだってクミンの風味で!
「モロカンサラダ」

ダイス状に切った野菜をクミン味のドレッシングで和えたもの。主役はトマトとタマネギ。

世界最小のパスタ
「クスクス」

小麦粉で作る細かいパスタで、最も有名なモロッコ料理の一つ。毎週金曜日に食べるものとされている。

じつはなんでもアリ!?
「タジン」

タジンとはこの鍋のことなので、野菜だろうが肉だろうが、これに入れば何でも「タジン」と呼ばれる。

モロッコ料理で
ソースといえばコレ!

モロッコ料理でポピュラーなソースといえば、ハリサという辛味調味料をベースに作ったもの。肉料理などによく合う。

モロッコ中で売られている
オレンジジュース

フレッシュオレンジジュースは食卓に並ぶ飲み物の定番。モロッコの街中にもジューススタンドが多数。

ちなみに、モロッコ人は日本食を見てもおいしそうと思わないらしい。その理由は、「黄色くない」から。確かにモロッコ料理はどれも黄色や赤など、暖色系の色みばかり。日本の焼き魚や海苔、醤油味の煮物などは、彼らにとっては「揚げている!」にものに見え、あまり食欲をそそらないという。

『トリコガイド モロッコ』

ちょっとディープでお洒落な旅を応援する大判ガイドブック『トリコガイド』のモロッコ・バージョン。豊富な写真と現地レポートをもとにした記事は、コアなトラベラーからの支持も厚い。モロッコに興味がある人は、まず手に取りたい1冊だ。


そのほかのモロッコの記事はコチラ

All Illustration by Tsukune Kyoko
Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

関連記事リンク(外部サイト)

ミントティを美味しく飲む方法「本場モロッコ式」
お金持ちの家に泊まる感覚! モロッコの邸宅ホテル「リアド」に宿泊したい
「見てるだけで行きたくなる!」 モロッコの邸宅ホテル4選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP