ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう一つの塩湖も!Compathy旅行記ベスト10

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhoneにせよ、一眼レフカメラにせよ、とにかく旅中でたくさんの写真を撮りたいですよね。しかし帰国後、その写真を整理するのが大変な作業となることも珍しくありません。

簡単に旅行の思い出の記録を残したい方には「Compathy(コンパシー)」がおすすめ。旅の記録をコレクションできるサービス「Compathy(コンパシー)」では、写真が持っている撮影日時や位置情報のデータを利用して、サクサク自分の旅を旅行記として作成することができます。

また、他のユーザーのログブック(旅行記)も見ることができるので、旅の前も大変役に立つサービスです。
では、今週のCompathyログブックランキングベスト10を見てみましょう!
Compathyの使い方はこちら

①Mayu「Homestay in Nomad’s house

Mayuさんはモンゴル料理屋のオーナーさんとの縁があって、モンゴルへ飛んだそうです。彼女の旅は観光地を巡る旅ではなく、遊牧民たちと生活を共にするという、とてもユニークな体験でした。

②Yuka「宇宙人がいるかも?アタカマ砂漠

「塩湖」といえば、みなさんボリビアにあるユウニ塩湖を思い浮かべるでしょう。また、「間欠泉=アイスランド」というイメージをもっている人も少なくないはず。実は、チリには塩湖や間欠泉があるのです! Yukaさんと一緒に「アタカマ砂漠」を見つけてみませんか?

③Daishi Miyamoto「フォークランド諸島・サウスジョージア島・南極クルーズ

上の写真を見て、何が写っているか、わかりますか? 実はコレ、ペンギンなのです。Daishi Miyamotoさんが旅したのは、イワトビペンギン・ジェンツーペンギンがコロニーを作るフォークランド諸島。Miyamotoさんの旅行記を見れば、自然の力に圧倒されて絶句するほど感動するはず。

④Sakura「Fiumicino

イタリアを旅行したことがあれば誰でも聞いたことのある「Fiumicino」。ローマの近くに位置するフィウミチーノ空港がイタリアのもっとも大きな国際空港で、日本から直行便も飛んでいます。

Sakuraさんはフィウミチーノ空港からすぐ近くの五つ星ホテル「QC」を紹介してくれます。オプショナルのマッサージやサウナ、栄養たっぷりの昼食ビュッフェなどを満喫できるホテルです。イタリアを旅行する際にぜチェックしましょう。

⑤Misaki Iguchi「21歳!Wild Beauty Girl!世界一周へ!〜ケニア編〜

友達と女二人で世界一周しているMisaki Iguchiさん。アフリカを訪れた際にケニアのサファリに参加したIguchiさんの写真がその感動を語ってくれています。彼女と一緒にアフリカの自然の中にお邪魔してみてはいかがですか?

⑥Asako Iida「インドネシアの秘境、離島カリムンジャワへ

インドネシアのきれいな海を見たいけれど、人込みが嫌い。まだリゾート開発されていない場所を訪れたい。そう思うなら、Asako Iidaに倣ってジャワ島の離島カリムンジャワへ行きましょう。

⑦Sougaku「スポメニック[Spomenik]をぶっつけ本番で巡る旅 その1スロヴェニア

ヨーロッパの歴史に興味があるなら、旧ユーゴスラビアの巨大モニュメント群をまわる旅をしてきたSougakuさんの旅行記を読んでみてください。未だに情報が少ないスポットを紹介してくれるので、とても役に立つログブックです。

⑧Alice「5時間トランジットで【中国 上海】を満喫

トランジットで5時間待たないといけないとき、あなたはどうしますか? 空港でぶらぶらする人が多いと思いますが、せっかく時間があるなら空港を出て観光してみてもいいでしょう。
Aliceさんは5時間で上海を最大限に満喫する方法を教えてくれます。上海浦東空港でトランジットする際に、ぜひ参考にしてください。

⑨Yuri Kuranari「友達の家をめぐる旅〜イタリア編〜

イタリアを旅行する人は定番のヴェネツィア・フィレンツェ・ローマというルートを選ぶことが多いと思います。しかし、他にも行く価値のある街がたくさんありますよ。Yuri Kuranariさんはシチリアをはじめ、南北のきれいなスポットを紹介してくれます。ぜひ一読を!

⑩Tomohiro Okada「ピースボートでキューバへ

ニュースの中で注目を集めているキューバを今こそ訪れるべきだと思いませんか? とりあえず出発する前にTomohiro Okadaさんの旅行記を読んで、キューバの様子を覗いてみてください。

あなたもCompathyで、旅の思い出を残しましょう! トップコレクターになればより多くの人と思い出を共有できます。ぜひ「旅の後にもCompathy!トップコレクターになるための3つのコツ」をチェックしてみてください。

Photo by: Daishi Miyamoto「フォークランド諸島・サウスジョージア島・南極クルーズ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP