体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう一つの塩湖も!Compathy旅行記ベスト10

iPhoneにせよ、一眼レフカメラにせよ、とにかく旅中でたくさんの写真を撮りたいですよね。しかし帰国後、その写真を整理するのが大変な作業となることも珍しくありません。

簡単に旅行の思い出の記録を残したい方には「Compathy(コンパシー)」がおすすめ。旅の記録をコレクションできるサービス「Compathy(コンパシー)」では、写真が持っている撮影日時や位置情報のデータを利用して、サクサク自分の旅を旅行記として作成することができます。

また、他のユーザーのログブック(旅行記)も見ることができるので、旅の前も大変役に立つサービスです。
では、今週のCompathyログブックランキングベスト10を見てみましょう!
Compathyの使い方はこちら

①Mayu「Homestay in Nomad’s house

mongolia

Mayuさんはモンゴル料理屋のオーナーさんとの縁があって、モンゴルへ飛んだそうです。彼女の旅は観光地を巡る旅ではなく、遊牧民たちと生活を共にするという、とてもユニークな体験でした。

②Yuka「宇宙人がいるかも?アタカマ砂漠

5d754b0d160abfcc2c2dc574abac1971

「塩湖」といえば、みなさんボリビアにあるユウニ塩湖を思い浮かべるでしょう。また、「間欠泉=アイスランド」というイメージをもっている人も少なくないはず。実は、チリには塩湖や間欠泉があるのです! Yukaさんと一緒に「アタカマ砂漠」を見つけてみませんか?

③Daishi Miyamoto「フォークランド諸島・サウスジョージア島・南極クルーズ

3G5A0975

上の写真を見て、何が写っているか、わかりますか? 実はコレ、ペンギンなのです。Daishi Miyamotoさんが旅したのは、イワトビペンギン・ジェンツーペンギンがコロニーを作るフォークランド諸島。Miyamotoさんの旅行記を見れば、自然の力に圧倒されて絶句するほど感動するはず。

④Sakura「Fiumicino

image

イタリアを旅行したことがあれば誰でも聞いたことのある「Fiumicino」。ローマの近くに位置するフィウミチーノ空港がイタリアのもっとも大きな国際空港で、日本から直行便も飛んでいます。

Sakuraさんはフィウミチーノ空港からすぐ近くの五つ星ホテル「QC」を紹介してくれます。オプショナルのマッサージやサウナ、栄養たっぷりの昼食ビュッフェなどを満喫できるホテルです。イタリアを旅行する際にぜチェックしましょう。

⑤Misaki Iguchi「21歳!Wild Beauty Girl!世界一周へ!〜ケニア編〜

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。