ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

そこまでする!?ムードたっぷりのセルフィーが撮れるウェアラブルライト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Haloスマホで写真を撮るとき、光によって仕上がりに差がつくということを、自撮り上手な女の子は知っています。

太陽光で撮る、膝の上に白いハンカチを置く…など、さまざまなテクニックがあるようですが、先頃こんな最新ガジェットが発表されました。

アメリカの大学院生が開発した「Halo(ヘイロー)」は、ムードたっぷりのセルフィーが撮影できるウェアラブルライト。

ISWC Halo #lightmyhalo

Risahiyamaさん(@risahiyama)が投稿した写真 – 2015 9月 12 8:15午後 PDT

リングの内側には小さなLEDライトが付いており、スマホアプリと連動することで、“fire(炎)”“tear(涙)”“confused(困惑)”など照明モードが選べる仕組みになっています。 Halo

陰影をつけるといい男ふう!?

#lightmyhalo #halofavhalo Nan Zhaoさん(@nanomausi)が投稿した写真 – 2015 8月 18 9:20午後 PDT

素材は軽量のアルミニウム製で、胴体に装着。

撮影以外では、こんな使い方も

暗がりではライト代わりに使うこともできるんです。

#lightmyhalo #halofavhalo

Nan Zhaoさん(@nanomausi)が投稿した写真 – 2015 8月 18 8:54午後 PDT

「ヘイロー」は今のところ商品化の予定はありませんが、もしお試しできるならやってみたい!と思う人は多いかもしれませんね。
Halo from Nan Zhao on Vimeo.

Halo
http://resenv.media.mit.edu/halo/

ガジェット(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。