ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気のメキシコビーチリゾート「カンクン」が最高におすすめの7つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カリブ海に面する楽園カンクン。どこまでも続くエメラルドブルーの海が世界中から訪れる人々を魅了し続けている、メキシコが世界に誇るビーチリゾートです。今回は一生に一度は行きたい、カンクンが極上のリゾートである理由をお伝えしましょう。

カンクンの魅力その1 奇跡の地形

メキシコの南東部、ユカタン半島の先端に位置するカンクン。カリブ海とラグーンに囲まれた細長い砂州は約20kmにも渡り、リゾートホテルがビーチに沿って立ち並んでいます。この真っ直ぐに伸びた砂洲が奇跡のように美しい、風光明媚な景色を作り出しているのです。

カンクンの魅力その2 どこまでも碧く、美しすぎる海

世界には星の数ほどのビーチリゾートがありますが、カンクンの海は群を抜くほどの衝撃的な美しさ! 透き通るような碧いカリブ海は、まるで心まで澄んでしまいそう。

ため息が出るほどの、真っ白な砂浜と空と海の青いコントラスト。

カンクンの魅力その3 お財布を気にしなくていい、オールインクルーシブ

「オールインクルーシブ」スタイルが主流のカンクンのホテル。食事やドリンク代も全て宿泊費に含まれているので、ビーチでもいちいちお金を気にせずに心行くまでお酒を楽しめるんです! もちろん本場メキシコ料理も好きな時に好きなだけ食べられますよ。滞在中の多くの時間をホテルで過ごすことになるので宿選びはとても大切。いつもの旅よりちょっと贅沢な場所を選びたいところです。

カンクンの魅力その4 日が沈んでも楽しめる多彩なナイトライフ


(C) Nao

ビーチ沿いのエリアには音楽やダンスを楽しめるクラブやお洒落なバーが集まり、ナイトライフが満喫できるのもカンクンの魅力。ホテルでも毎晩のようにショーやイベントが開催されるので、ホテルから出なくても飽きることなく過ごせますよ。

カンクンの魅力その5 滞在を飽きさせない、充実のショッピング


(C) La Isla Shopping Village

カンクンにはいくつかのショッピングセンターがあり、なかでも「ラ・イスラ・ショッピング・ビレッジ」は、高級ブランドからカジュアルなショップまで充実したラインナップ。ブランドによっては日本より大幅に安いこともありますよ!


(C)Mercado 28 Cancún México

ダウンタウン(セントロ)にある市場「メルカド28」。ホテルゾーンからバスも出ているので、リゾートとはちょっと違ったローカルな雰囲気を楽しみたい時にオススメ! メキシコの民芸品やアクセサリーも揃います。

カンクンの魅力その6 神秘の泉、セノーテ

メキシコ各地に点在している「セノーテ」。石灰岩地帯に見られる陥没穴に地下水が溜まってできた天然の泉で、その透明度と美しさは限りなく神秘的。木の根っこが垂れ下がり、どこか神々しい雰囲気のセノーテ・イキル(Cenote Ik Kil)はカンクンから車で約2時間半。日帰りでも観光できますよ。


(C) facebook/Diving Playa del Carmen

カンクンから車で約2時間ほどにある、グラン・セノーテ(Grand Cenote)。100m先まで見える程の透明度を誇り、水中に差し込む光は幻想的な美しさ! シュノーケリングやダイビングもできるので、感動の別世界をぜひ体感したいところ。

カンクンの魅力その7 マヤ文明の遺跡、チチェン・イッツァ

1988年にユネスコに認められた世界遺産「チチェン・イッツァ(Chichen Itza)」。マヤ文明最大の古代都市遺跡です。マヤの最高神が祭られたピラミッド「カスティージョ」は、9層の基壇や4面に配された各91の階段などでマヤ暦を体現しており、高度な天文学知識や建築技術が存在していたことがわかります。カンクンからは車で約2時間半。

ため息が出るほど美しいエメラルドブルーのカリブ海が広がり、少し足を延ばせば神秘的なセノーテや古代遺跡にも出会えるカンクン。いつもとちょっと違うビーチリゾートを楽しみたくなったら、メキシコ屈指の楽園に訪れてみてはいかがでしょうか?

[Photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP