ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石田ゆり子が孤独な女を演じる『コントレール ~罪と恋~』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月15日にスタートするNHKドラマ10『コントレール ~罪と恋~』の試写会が3月25日に行われ、出演する石田ゆり子、井浦新、原田泰造、そして脚本家の大石静氏が出席した。同作は、無差別殺人事件で夫を失い現在はカレー食堂を営む青木文(石田)と、その無差別殺人事件に巻き込まれた男・長部瞭司(井浦)による「大人のためのラブストーリー」。

 原田が演じる刑事・佐々岡滋は、無差別殺人事件を担当したが、実は文に恋心を抱いているという役どころ。石田のことが元々好きだったといい、「役作りがいらなかった」と報道陣を笑わせた。

 大石氏は、2010年に大いに話題となった同じくドラマ10の『セカンドバージン』を手掛けた経験を持つ。出演者は他にも野際陽子、村田雄浩ら。主題歌は玉置浩二作詞・作曲で鈴木雅之が歌う『泣きたいよ』。全8話。

撮影■平野哲郎

【関連記事】
秋葉原無差別殺傷事件犯の生い立ちや事件前の日常を追った本
加藤智大被告 秋葉原で殺傷事件を起こした理由を説明した
10人の殺人犯の生の声を聞き、社会の闇に迫る迫真のルポ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP