ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

自称ジョニー・デップがラーメン屋で働いていた件 @『最強ラーメンFes,』町田

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
chigauka014_R

『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』でどの店が一番なのか?

「違う家の呼び込みの姉さんが一番可愛い!」

数多くのラーメン屋さんで食べて来た筆者ですが、あの可愛さは反則かと存じます。筆者もハニートラップで危うく2杯食べさせられるところでした。

元祖家系油そば『違う家』

chigauka000_R

今までにありそうでなかった”家系ラーメン”(横浜発祥の豚骨醤油ラーメンでチー油がドーン系)の”油そば”で御座います。

その着眼点に関しては筆者もなるほどと思うのですが、何故に『ものいい』の吉田サラダが編み出したのかは謎のままです。

しかし!

今回は『最強ラーメンFes,』すなわち“お祭り”ではありますが、第一陣のラインナップは濃厚ガチ勢で固められていて、この『違う家』の苦戦は開幕前から予想はされていました。

お祭りなのに“遊び”を許さない超有名店に囲まれて絶対絶命のピンチで御座います。これはジョニー・デップもとい吉田サラダの奥義

「ドヤ顔切り」

を出さないと、逆転出来ない可能性があることは否めません。

『違う家』の『家系油そば』を食す!

chigauka015_R

家系ラーメンと言えば横浜発祥ですが、同じ神奈川県の相模原市にも“家系ラーメン”の味は強く受け継がれています。当然、東京都ではなく神奈川県だと思われている町田市も『町田家』などの家系ラーメンが栄えています。

つまり!

この『家系油そば』こそ全町田市民及び相模原市民が、食べるべきラーメンなのです!

chigauka022_R

「いつ家系油そばを食べるのか? 今でしょ!!」

というわけで、ノリで食べてみた筆者ですが、あえて言おう!

「思ったよりも美味しい件の是非」

あると思います。美味しさが行列に比例しないという事実、それを証明してくれた『違う家』の功績を称えたい筆者です。

具材の構成も家系を再現!

chigauka017_R

チャーシュー、海苔、ほうれん草、味玉、茹でキャベツと言う構成で、ほぼほぼ家系ラーメンのそれを再現しています。

chigauka020_R

当然、味の方も”家系ラーメン”のソレでして、まったくもってコメントに困る”油そば”に仕上がっております。

chigauka019_R

しかし!

家系ラーメン通の方達であればすでにお気付きでしょうが、“茹でキャベツ”をデフォルトでトッピングする『違う家』センスにニヤリとする筆者です。

chigauka016_R

あの家系ラーメンの守護神『中島家』を彷彿させる“茹でキャベツ”はリスペクトに値しますね。

chigauka018_R

っていうか、すでに家系ラーメン云々というよりは”油そば”として美味しいので、是非ともこの機会に味わって欲しいと思った次第です。

chigauka025_R

半熟の味玉がデフォなのも素晴らしいと思うんですけど、どうでしょう?

『家系油そば』 総評

chigauka001_R

とにかく一度食べて貰えば、もっと受け入れられるラーメンだと思うのですが、いかんせん行列は行列を作るみたいな状態ですので、最初の一歩が苦しい『違う家』だと思いました。

ここら辺、逆に芸人である吉田サラダのネームバリューが裏目に出てしまっていて

「芸人の作ったラーメンでしょ?」

みたいなネガティブなイメージがラーメン激戦区町田市民の中で先行していると思われます。他の店がラーメン一筋ラーメン狂みたいな店主が多いなか、確実に浮いてしまっているのは否めません。

しかし!

そのような経歴でラーメンの味が決まるわけではありません。

嘘です。

やはり何十年もラーメンに携わっている方が有利であることは間違いありません。そこら辺はちゃんとジャッジしないと嘘になります。

しかし!

『家系油そば』が美味しいのか美味しくないのかと聞かれたら、筆者は美味しかったと答えますね。『Twitter』などで多くの人のコメントが

「思ったよりも美味しかった」

と述べているように、美味しくないイメージ先行で食べてみたなら、意外と普通に美味しいじゃんって結論が出ます。とにかく食べて貰えば納得の『家系油そば』なのですが、そのきっかけが掴めないって感じです。

なので、ここは表で呼び込みをしている女神様を店主にして吉田サラダが客引きをしたら、大逆転出来ると思うのですがどうでしょう?

それでは、是非みなさんも『元祖家系油そば』を食べてみて下さい。これは冗談抜きに美味しいので、特に家系好きなら必食の一杯ですよ。

『最強ラーメンFes,』公式サイト
http://dai-tsukemen-haku.com/ [リンク]

『最強ラーメンFes,』会場、『町田シバヒロ』地図

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。