ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元愛内里菜の垣内りか 犬ブランド立ち上げ、歌手復帰語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファーストアルバム『Be Happy』がオリコンランキング3位を記録、2003年にNHK紅白歌合戦出場も果たしながら、甲状腺の病気を患い、2010年に惜しまれつつ引退した歌姫・愛内里菜。そんな彼女が、垣内りか(35才)としてドッグブランドを立ち上げ、昨年9月に歌手として復帰した。引退の理由、そして復帰について本人に話を聞いた。

――順調な歌手生活を送っていたのに、なぜ引退することに?

垣内:引退する1年半くらい前から、ずっと悩んでいました。歌詞を書いてメッセージを発信する立場という中で、だんだん愛内里菜を嘘で塗り固めていく、作っていくのが、自分の中で葛藤になっていたんです。

 声が出ないのに出るふりをしたり、レコーディングでは期限があるから納得できない歌をリリースする。でも取材では「これは最高です」とコメントする。いろんなところで嘘をつかなくちゃいけない状態になっていました。

 でも、そんなやりかたで、愛内里菜を続けている意味があるのかなって。そういう意味でリセットする時間を作りたかったんです。先のことは、まだ何も考えていなかったんですけど。

 過呼吸も持っていたので、しょっちゅう病院に運ばれていたんです。これじゃあ歌手の前に、人として潰れちゃうなと思ったので、自分自身を見つめ直す時間が何よりも必要だと思いまして。

――休止という選択肢もあったのに、引退を選んだのはなぜですか?

垣内:活動休止にするのか、引退にするのか悩みました。矛盾してるのかもしれないけど、ライブが一番の楽しみで、歌いがいになっていて。だから、待ってくれる人がいると思うと、そこに引っ張られて、自分を歌から切り離せないんじゃないかなって。

 休止にしてしまうと、本当は歌いたいし、体調が良ければライブだってしたいし、待ち望んでくれている愛内里菜になりたいし。後ろ髪がひかれすぎて、休む意味がないというか。だから一度、まっさらにならなきゃいけないと判断しました。

――悩んだ時に、相談した人は?

垣内:母親です。私の体や状況を、言わなくても分かっていたので、「思うようにしたらいいんじゃない?」と言ってくれました。母以外の人には「辞めたらいけない、続けたほうがいい」と言われました。
 
 家族の反対を押し切って歌手になったので、家族には一番、辞めたいと言いにくかったんです。だから家では弱音を吐かずにやっていたんですけど、その時ばかりは、「辞めて、人生を考え直したらいいんじゃない?」って、背中を押してもらえました。

――歌手を引退してから、どんな活動をしていましたか?

垣内:愛犬のパインが、生まれつき膝蓋骨脱臼だったんですけど、立ち上がれなくなったんです。しかも手術をしたことで逆に悪化して、寝たきりになってしまいました。

 この子のために時間を使おうと決めて、銀座にある、犬のリフレクソロジーの教室に通いました。フード学、基礎医学、犬のマッサージから躾まで、全部学びました。

――周りの学生から、「愛内里菜だ」と騒がれたでしょうね。

垣内:それが嫌で(苦笑)。引退したばっかりだし、教室にいると指をさされて、「何で辞めたの?」とばかり聞かれました。でも愛犬の状況を見たら、「愛内里菜の前に1人の飼い主、この子には私しかいないんだ」と思って続けました。

 試験にも合格し、半年でリフレクソロジストの資格を取りました。知識が豊富なうちに学ぼうと思って、愛護動物管理士、ドッグヨガのインストラクター、フード販売士などの資格も取得しました。

 毎日愛犬のマッサージをして、リハビリして、足の筋肉をつけるためにお風呂のお湯に浮かせながら歩かせたりして。1年続けているうちに、パインが立てるようになったんです。今13才で、とても元気ですよ。

――愛犬の状態が、一段落したんですね。

垣内:その頃にやっと、自分はこの先、どうしようかなって考えました。パインと向き合うことが、自分のリハビリにもなっていて、生活も気持ちも前向きになったんです。甲状腺の数値も安定してきたので、2012年に犬のブランド『Bon Bon Copine(ボンボン コピーヌ)』を始めたんです。

 ドッグフードと手作りベッドのネット販売からスタートしました。店舗は当時も今もありません。通販と、いろんなお店に卸しています。

――今では年商5000万円と聞いていますが、そこまでいくのに時間がかかった?

垣内:1年かな。商売を知らずに始めちゃったので、無知ほど強いものはないという感じで(笑い)。給料制で、私の月収は25万円です。自分で好きに時間を作れるというところが、一番の価値になっているかもしれない。

――月収500万円の頃がありましたが、歌手時代のお金は残ってる?

垣内:衣装代もスタイリスト代も、全て自分持ちだったので、貯まるようで貯まらなかったんです。衣装代などで消えちゃうんですよ。ライブをやると、なんぼ出ていくのってぐらい(笑い)。テレビが増えると同じ衣装を着られないし、出演料より出費が多いこともありました。

 大掛かりになればなるほど、1人じゃ動けないじゃないですか。衣装を着せてくれる人や、髪をセットしてくれる人も必要だし。その人たちの交通費とか、雇うのも全部自分だったんです。そこは個人でやってくれと事務所に言われていたので。

――2015年に、歌手復帰したきっかけは?

垣内:ずっと歌のオファーはあったんですけど、断ってきたんです。でも5年経って体調が整って、ペットのことも一段落したので、楽しくマイペースに歌えたらいいのかなという気持ちになりました。ファンの「また歌って」という言葉に、背中を押されたのもあります。

――復帰初の『THEカラオケ★バトルスペシャル』(テレビ東京系)は、どうでしたか?

垣内:簡単に引き受けたんですけど、後悔するくらい緊張しました(笑い)。カラオケで点数を出すのが思った以上に難しくて。5年ぶりにテレビに出て歌うのに、点数が低かったらどうしようって、プレッシャーとの戦いでした。

――惜しくも優勝を逃しましたが、高得点でした。ご自分の自己採点はどうですか?

垣内:やり切れるところまでやりきったなという。いい意見もたくさんもらえて、出てよかったです。

――復帰に向けて、どんな準備を?

垣内:元々通っていたボイトレの先生の所に、1か月通いました。引退前より声が出やすくなっていて、嬉しくなりましたね。

――テレビに出演した際、どんな気持ちでしたか?

垣内:いつも入っていた楽屋だなって、懐かしかったです。でも、「愛内里菜さんです」じゃなくて、「垣内りかさんです」って呼ばれて歌ったので、新しいスタートだという思いもありました。

【垣内りか(かきうち・りか)】
1980年7月31日生まれ。大阪府出身。2000年に、シングル『Close TO Your Heart』で歌手デビュー。『名探偵コナン』のテーマソングをはじめ数々のヒット曲を生み出し、2003年にNHK紅白歌合戦に出場。しかし甲状腺の病気を患って、2010年に引退。2012年、ドッグブランド『Bon Bon Cosine』をプロデュース。2015年、歌手活動に復帰した。

撮影■浅野剛

【関連記事】
92年以降表舞台から消えたちあきなおみの人生に迫った本
美人演歌歌手・丘みどり 幼い頃に鳥羽一郎コンサートに感動
宇多田ヒカルの母で演歌歌手・藤圭子の離婚回数は7回、2人

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP