ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホステス必携の心得帖【10】 べからず集33ヵ条

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 色気は売っても心までは売ってはいけない──こんな133の警句が並ぶ冊子が話題だ。大阪・北新地社交料飲協会の初代理事長(故人)が1980年に作った「ホステス心得帖」は昨年11月に再出版され、版を重ねている。男が読んでもためになる「お水の教科書」から、「べからず集33ヵ条」の章を紹介しよう。(全10回・最終回)

(1)腕を組む。

(2)イスの背に深くもたれる。ふんぞり返る。

(3)くわえ煙草。

(4)ゲップ。

(5)タバコの灰をポンポンとはたいて落す。

(6)タバコをつけっ放しにして、灰皿にいつまでも置く。

(7)灰皿を取り替えない。

(8)タバコを吸わない人の前で、煙突のごとく吸う。

(9)音をたてて、飲む、食べる。

(10)マッチの火をそのまま吹き消す。

(11)オードブルの下品なつまみぐい。

(12)食べ物をほおばって食べながら、喋る。

(13)時刻の質問に、正確に答えない。

(14)ラスト後に、お客様をアッシーにして負担をかける。

(15)ホステス同士の勝手なお喋り。(お客様の前で)

(16)チップを露骨に欲しがる。

(17)他の席のお客様の批評をする。

(18)グチ話。

(19)お客様の家庭のことを根掘り葉掘り訊く。

(20)どうせホステスだからと卑下する。

(21)テーブルの上にひじをつく。

(22)口臭がくさい。

(23)お客様が帰ったあと、そのお客様を笑いものにする。

(24)席に着きながら、ひとことも喋らない。

(25)質問をされても答えない。

(26)返事をしない。あるいは「ハイ」と言わず「ウン」と言う。

(27)持ち物の値段ばかり並べる。

(28)ウェイターに威張ったり、見下した態度をとる。

(29)お客様の前でコンパクトを開いて鏡を見る。

(30)お客様の身体的欠陥を話題にし、笑いものにする。(例=ハゲ)

(31)お客様が話をしている最中に、脇見ばかりしている。

(32)客席で髪や服装をやたらに直す。

(33)政治と宗教を、酒席の話題にする。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
ホステス必携の心得帖【4】 座持ちのテクニック
ホステス必携の心得帖【3】 飲み方と飲ませ方
ホステス必携の心得帖【2】 お客様との対応

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。