ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西原理恵子氏にとって彼氏・高須院長はトップクラスの逸材

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2012年10月、女性セブンのスクープに端を発した、漫画家・西原理恵子さんと高須クリニック院長・高須克弥さんの熱愛宣言から3年半。世間を賑わせたふたりの交際録『ダーリンは70歳』(『スペリオール』連載)は、西原さんの筆を通して赤裸々(すぎるくらい?)に描かれ、熟年層に大きな反響を呼んでいる。

 西原さんが描く、同題の単行本は、発売1か月で早くも3刷突入の注目ぶりだ。2人の関係には、笑いと、そして大粒の涙をも誘わずにはいられない。そんなふたりの対談がスタート。まずは出会いからひもとくことに。

西原:もともとかっちゃん(高須さん)が私の追っかけだったんです。だから「ファンに手をつけちゃって、すいません。やっちゃいましたー!」って感じです。

高須:ハハハハ。ぼくはずっと前から彼女の作品が大好きで、ファンレターを書いたんです。そうしたら「金も(美容整形による)美貌も何もいらないけど、ネタをくれるなら遊んでやってもいい!」って返事が来て。今じゃ本当に、ぼくが本のネタになっている。

西原:つきあう前からよくプレゼントをもらったんですが、インディオの弓とか、鹿のチ〇コとか、謎の贈り物が届いて…。彼のプレゼントの才能は、本当にゼロ!

――どう見ても正反対のふたりだが、互いにどこに惚れたのか?

高須:何もかも。全部好きですよ。彼女が求める自分の姿と、ぼくが好きな彼女の姿は随分違うみたいだけど。ぼくは「いくらデブになってもいい、ウエストなんかなくていい。愛は変わらない」って言うのに、本人はウエストをつくることに熱意を燃やしてる。

西原 :私たちが初めて出会った時の、“小太りの38才”の姿のままにしておきたいんだって。肌のケアだけは、アドバイスしてくれるけど、絶対にオペはしてくれない。

高須:尊敬も、ものすごーーーくしています。ぼくらを例えるなら、卓球と水泳の対決みたいな、異種格闘技だから、自分にない部分が新鮮ですね。この間だって、彼女に「世界地図を描いてみて」って言ったら、ハワイの上にドイツ描いちゃった。ぼくの予想を遥かに裏切るから、いつも想像もつかなくて、一緒にいて楽しいんです。

西原:私は男の人でも、友達でも、おもしろい人が大好き。その点で、かっちゃんはトップランクの逸材です。男を選ぶ時も、私は立派な人や誠実な人、肩書、年収よりも、やっぱり「おもしろい」を優先しちゃう。だから、今はかっちゃんひとりで手一杯。だってこんな人、絶対いないもん。

――髪は金髪に染め、自分の体を実験台に、いろんな美容整形を施して見事な腹筋を手に入れた高須さん。年の差をあまり感じさせないが…。

西原:見た目は若くても、かっちゃんの中身は71才。夕方5時頃になると、電池が切れて動かなくなっちゃう。それで夜は疲れて、睡眠薬をのんでパッと寝ちゃうし…。だから、私はひとりでホテルのルームサービスを頼んで、かっちゃんを眺めながらワインをガブガブ飲むことになるんですが。で、ムラムラして私が「やらせろやー! おい、今日はどうなんだよ?」って覆いかぶさって。

高須:ぼくが「やめて。今日は疲れてるの…」とかって拒否して。キミが“好色なおっさん”で、ぼくが“いたいけな少女”って感じだよね(笑い)。

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
高須院長 恋人の西原理恵子さんには整形も脂肪吸引も許さず
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須克弥&西原理恵子が2人揃って熱愛宣言 すでに交際2年

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP