ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国で総額100億円以上の使用期限切れワクチン流通

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国山東省で3月下旬、使用期限が切れたり、適切に保存されていないワクチンを違法販売したとして、37人が逮捕された。ほかにもワクチンを横流しした疑いで製薬会社など13社が取り調べを受け、そのうち1社に営業停止処分が下された。

 これらのワクチンはインフルエンザや狂犬病、水痘などに用いられており、5年間で200万本以上の違法ワクチンが中国全土24省・自治区・直轄市に出回っており、取引額は5億7000万元(約100億円)に上るなど、違法ワクチンの流通では史上最悪だ。子供が接種するものも含まれており、生命よりも利益重視という中国独特の倫理観のなさに批判の声が高まっている。

 中国国営新華社通信によると、李克強首相は事件についてコメントし、「ワクチン管理に漏れがあった」と認め、流通ルートなどの徹底調査を指示。中国の医薬品規制当局は地元当局と協力し、ワクチンの流通先を突き止めて商品の回収を目指すとしている。

 世界保健機関(WHO)は事態を重視して、声明を発表。このなかで、違法ワクチンが医療機関に転売されたとの報道があったことを承知しており、中国当局による調査結果の発表を待っているとコメント。

 そして、「ワクチンは適切に保管・管理される必要がある。そうでなければ効果が失われたり弱まったりする可能性がある」と強調した。そのうえで、声明は「使用期限が切れていたり、保存状態が悪かったワクチンであっても、問題が起きることはほとんどない」と説明している。

 しかし、ネット上では「自分の子供に違法ワクチンが接種されていたら、どう思うだろうか。ワクチンを横流ししていた13社の製薬会社は即刻つぶして、責任者は牢獄行きだ」との過激なコメントが書き込まれている。

【関連記事】
子宮頸がんワクチン 性交渉していない10代、20代女性が対象
認知症のワクチン 早ければ日本で10年後に実用化の可能性も
風疹 首都圏の患者数は昨年の30倍で20~40代男性が圧倒的

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP