体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今の生活をちょっとだけ、アップグレードさせる「8つの方法」

simple-swaps160331-01

アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思える習慣。

「シンプル・スワップ」という聞きなれない言葉。意味するところは、不健康な習慣を見直し、1つずつ健康的なものへと変えていこうというチャレンジ。何事もまずは最初の一歩から。その先に、自分が理想とするライフスタイルを手にすることができるかも。新生活のスタートにどうぞ!

01.
ソファの「ながら食い」を止め
ちゃんとテーブルで食べる

0005_Layer-Comp-62-600x318

パソコンやテレビの前で食事をしている人はいませんか?私もこれまで少なくとも週に4日は、テーブルではなくソファに食事を持って行き、Facebookをスクロールしたり、ドラマを観ながら食べていました。すると、気づかないうちに体重がどんどん増えていたんです。

食事中、他のことに意識が行くと、気が散ってしまい、お腹がいっぱいかどうかの手がかりに注意がいかないことがあります。テーブルにきちんと座って食べる。こんな当たり前のことだけど、それだけでちゃんとお皿に取り分けようとしたり、パートナーや家族との団欒に積極的になったりと、いいことばかりですよ。

02.
テレビを観る時間を
「読書タイム」にチェンジ!

0000_Layer-Comp-12-600x318

一日が終わり、家に帰ってくるとまず、テレビのリモコンに手が伸びる。楽しい番組で脳をリラックスさせるのもひとつの手です。けれど、心を落ち着かせる方法は他にもたくさん。たとえばテレビやYouTubeの代わりに本を読むのもアイデアのうち。

なにも純文学や重厚なノンフィクション作品ばかりがここで言う本ではありません。写真集やアートブックだっていいし、もちろん雑誌に目を通すのもアリ。テレビやYouTubeばかりに偏った生活を見直す機会にどうぞ。

03.
間食するくらいなら
食事の回数を増やす

0006_Layer-Comp-72-600x318

よほどダイエットに励んでいたり、朝食抜きが習慣化しているようのな人でなければ、人間一日3食が基本です。けれど、日々の慌ただしさの中で朝食を抜いたり、仕事でランチタイムがろくに取れず、時間を外して食べたり、間食で終わらせてしまう人も多いもの。

勤務時間中、または授業中でも、こうした間食を繰り返すことで栄養価の少ない、高カロリーなものに偏りがち。食間に空腹を覚えるようなときは、間食を控えて水やお茶を飲むようにしましょう。もしくは、たんぱく質が豊富な食事を5回に分けて摂ることをおすすめします。

04.
メッセージよりも
電話でコミュニケーション

0002_Layer-Comp-32-600x318
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy