体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モロッコ旅行の目玉「フナ広場」を疑似体験してみよう!

160322_morocco-fna01

モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。

夜は巨大なディナー会場
一年中、お祭り気分

shutterstock_195748241モロッコの夏は暑い。特に6月から8月にかけては最高気温が40度を超えることも珍しくないため、日中に街歩きの予定を詰め込んでも、きっと半分も消化できないだろう。それでも観光をしたければタクシーや馬車を上手に使って、“体力をお金で買う”こともできなくはないが、宗教的なバックグラウンドもなく、歴史について詳しく知っているわけでもないとしたら、宮殿をいくつもまわったところで、全部同じようなものに見えるだろう。

ゆえに、無理して日中に観光をするよりも、暑い昼間はホテルのプールでのんびり過ごし、余った体力をナイトライフに使うことをおすすめする。こういう過ごし方は、日本人ツーリストの苦手とするところだが、実は時間を贅沢に使う豊かな余暇の過ごし方で、欧米人的な旅のスタイルだ。

しかも幸運なことに、夜のフナ広場に並ぶ屋台はどこもリーズナブルだ。マラケシュ名物から、定番のタジン、羊の脳みそという(日本人から見たら)ゲテモノ料理まで、何でも揃う。

ただ一つ、手荷物には要注意。最小限のものだけを持ち歩こう。カバンを置いてトイレへ……なんて、論外だ。

フナ広場で見られる
アレコレ

楽器を持った音楽隊、猿回し。ヘナタトゥーのセットをもった補正もいる。そう、夕方からフナ広場はストリートシアターに姿を変えるのだ。そこで見られるパフォーマンスを一部紹介しよう。

闘うのは子供だけ?
「ストリートファイト」

見た目はいいんだけど……
「観光馬車」

いかにもアラブのイメージ
「ヘビ使い」

言葉がわからないとさっぱり
「おじさんのトーク」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy