ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46齋藤飛鳥 自己紹介で「アイム、ベリーダーク!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月1日から始まったJ-WAVE土曜朝の新番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)。同番組のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」は、乃木坂46の齋藤飛鳥がハリー杉山から英語レッスンを受けるコーナー。

まず齋藤の英語力がどの程度のものか、英語で自己紹介をさせてみることに。

齋藤:マイネームイズ、齋藤飛鳥。アイム、フロム、乃木坂46。アイム、ベリーダーク!
ハリー:初っ端からやっちゃいましたね(笑)。どういう意味でダークって言ったのかしら。
齋藤:私が言いたいのは「私は暗い人間ですよ」ってことをなんですけど。
ハリー:それは自己紹介としてどんなアピールなの(笑)。

中学1年で乃木坂46に入った齋藤は、自身の英語レベルを「小学6年生レベル」と話しますが、同コーナーで英語を勉強して、目標は「いつかハリウッドセレブが来日した時に、インタビューをできたらいいなって思ってます。全部英語で」と語りました。

ということで、まずは自己紹介で使える英会話をハリーが齋藤にレクチャー。齋藤に趣味を聞いてみると「読書」。好きな食べ物は「お粥」だとか。ハリーの指導のもと、なんとか英語で自己紹介をできるようになった齋藤。ハリウッドセレブに英語インタビューできる日は、いつ来るのでしょうか。そして自己紹介でハリウッドセレブに「アイム、ベリーダーク」と言うのでしょうか。いろいろと気になるところです(笑)。

【関連サイト】
「HARRY’S ENGLISH CLASS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/harrysenglishclass/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP