ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋まこと(ex: BOØWY)が椎名慶治(ex:SURFACE) らと新バンドを結成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

元BOØWYのドラムー 高橋まことが中心となり、新バンドJET SET BOYS(ジェットセットボーイズ)が結成された。現在、オリジナルアルバムを制作中とのことだ。

気になるメンバーは下記の通り!

・DRUM:高橋まこと(ex: BOØWY)

・BASS:tatsu(LÄ-PPISCH)

・GUITAR:友森昭一(ex:AUTO-MOD、REBECCA)

・VOCAL:椎名慶治(ex:SURFACE)

今やアナログからデジタルに移行している様々な音楽シーンの中、その時代時代で活躍して来た面々。あの頃の匂い、あの頃の衝動、あの頃の少年のように、どんなに年を重ねても色褪せない、変わらない、そんな思いを込めたバンドがこのJET SET BOYSである。

そして、6月4日の新宿LOFTからツアーがスタート。メンバーの高橋にとっては1981年のBOØWYのデビューステージから実に35年ぶりとなる。この新宿LOFTでのバンド始動は非常に興味深く、感慨深いメモリアルな1日となることは間違いない。

【高橋まこと コメント】
東日本大震災がひとつのターニングポイントだったと思う。

それまでは、解散して30年以上も経つ[BOØWYの高橋まこと]という肩書きで来た。そのままの形で音楽を続けている自分自身に、何となく違和感を感じはじめた。

『本当にこれで良いのか?残された人生でもう一度バンドを組んでみたい。』

そんな気持ちが震災後から芽生え始めたのかもしれない。

自分のパートとしてドラムをやり続けている中で、他の楽器と組まなければ自分の立ち位置がないなかで、俺はスタジオミュージシャンではなくバンドのドラムとして生きていたいと…。心の中でフラストレーションを抱えながら、バンドをやり続けているミュージシャンを横目で見て素直に羨ましかった。

『死んだら最後、悔いのない人生をもう一度バンドで終わりたい。』

こだわりを捨て、変なプライドを捨て、純粋にバンドを一緒にやってくれるメンバーを探し始め、約2年の歳月をかけて3人と出会った。

『ボーカル 椎名慶治、ギター 友森昭一、ベース tatsu』

そしてこの3人に想いを伝えた。

『シンプルな形態でもう一度バンドをやりたい』と。

彼ら3人は何の不満もなく、二つ返事で快く受けてくれた。

『素直に嬉しかった。』

昔、まだ音楽で食えなかった、若い頃のような気持ちでゼロから始めたい。

メンバーそれぞれに気持ちは伝えなくても、分かり合える感覚でいられる。

『バンドはチームであり、ひとつの目標に向かう生き物だと思う。』

『JET SET BOYS LIVE TOUR 2016「JET SET BOYS」』
6月04日(土) 東京・新宿LOFT

6月11日(土) 福島・Iwaki PIT

6月17日(金) 大阪・梅田CLUB QUATTRO

6月18日(土) 愛知・名古屋アポロベース

7月03日(日) 東京・ EX THEATER ROPPONGI

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP