ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

睡眠時間を2時間も短縮! 憧れの「ショートスリーパー」になるための3つのステップ

  • ガジェット通信を≫


6時間以下の短時間睡眠でも問題なく、仕事もプライベートもバリバリこなせるという「ショートスリーパー」。憧れるけれど、いつもだらだら寝てしまう私には縁のない話だし…と諦めてしまうのはまだ早いかもしれません。

睡眠に詳しい坪田聡先生(雨晴クリニック副院長)によると、そんな私たちでも訓練することでショートスリーパーになれる可能性があるそうです!

ショートスリーパーの睡眠は、とっても効率的!

睡眠のタイプは長さ別に以下の3つに分類できます。

・6時間以下(平均睡眠時間8時間よりもマイナス2時間を切る)の短時間睡眠者「ショートスリーパー

・10時間を超える長時間睡眠者「ロングスリーパー

・どちらにもなれる可能性がある「バリュアブルスリーパー

ショートスリーパーは、なぜ短時間睡眠でもアクティブに活動できるのでしょうか? その秘密は「睡眠効率にある」と坪田先生は言います。

「睡眠中はノンレム睡眠とレム睡眠が交互に訪れますが、ショートスリーパーの睡眠には、脳が深く眠るノンレム睡眠が多く現れます。すなわち短時間で何度も深く眠れるので、非常に効率がいい睡眠のとり方をしているといえます。対して、ロングスリーパーは浅い睡眠のレム睡眠の時間が長く、ショートスリーパーよりも夢を長く見ているという睡眠の特徴があります」(坪田先生)

ショートスリーパーとロングスリーパーは、睡眠時間が違うだけでなく、日中の性格や行動にも違いが見られるのだそう。

「睡眠タイプが性格に影響しているのか、性格が睡眠タイプを決めるのかは不明ですが、ショートスリーパーは外向的で勤勉、精力的で野心家などの特徴があり、総じて現状に満足していることが多いです。逆にロングスリーパーは、内向的・孤独・創造的。細かいことに気をつかい、政治や社会に批判的で現状に不満を抱いている傾向があります」(坪田先生)

理由はまだ解明されていないそうですが、充実した毎日を送っているからこそ、ショートスリーパーは寝る時間よりも起きている時間を優先している…と仮定することも可能かもしれません。

「ただし、ショートスリーパーの中にも日中うとうとしていたり、仮眠をとったりしている人も多いんです。歴史に名高いショートスリーパー、ナポレオンも行軍中馬の上でうたた寝していたというし、エジソンも実験室で仮眠をとったりもしていたそうですよ」(坪田先生)

ショートスリーパーになるための3ステップ

短時間睡眠が可能な人と、そうでない人との違いはどこにあるのでしょうか?

「遺伝との関係はまだ不明です。生まれ持った体質という可能性もありますが、それだけではないとされています。他の多くの疾患と同じく、遺伝+環境因子が原因と考えられ、つまり、“習慣づけ”によってショートスリーパーになることも可能なんです」

過去の実験では、以下の3つのステップで8時間睡眠者の睡眠時間を6時間に短縮することに成功したとか!

■ショートスリーパーになりたい人必見! 睡眠時間を無理なく短縮する方法

【就寝前】寝る3〜4時間前に食事を摂り、さらにお風呂に入って体温を上げ、布団に入ったらスムーズに睡眠に移行できるようにする。

【就寝】起床時刻は変えず、1週間に15分程度ずつ寝る時刻を遅くしていき、少しずつ睡眠時間を短くする。

【日中】日中は太陽の光をしっかり浴びて活動的に過ごす。昼食の後には20分程度の軽い仮眠をとると、午後も活発に過ごせ、アクティブに活動することで夜寝つきがよくなる。

なかでも、特に②の「起床時刻は変えずに睡眠時間を短縮する」 が大きなポイントだといいます。

「体内時計は光を見るとリセットされるようにできているため、常に同じ時刻にリセットするようにしておくと、睡眠時間が少なくなっても体内リズムが崩れず、睡眠の質をキープできるようになります」(坪田先生)

なんとなく「無理だ」と諦めていたショートスリーパーへの道。けれど、毎日の習慣を変えるだけで、憧れの体質を手に入れられるかも! 短時間睡眠法をマスターすれば、効率的な時間の使い方ができ、もっと充実した毎日が過ごせるかもしれませんね。

監修:坪田聡(雨晴クリニック副院長)

photo:Thinkstock / Getty Images

関連記事リンク(外部サイト)

歯磨きしてるのに口臭が消えない…。その原因は睡眠中の「口呼吸」かも!
眠れぬ夜は誰のせい?睡眠障害をいま改めて知りたい!
寝ても寝ても眠い…これも睡眠障害の一種だった?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP