ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

突然の激痛があなたにも訪れるかも…尿管結石について知りたい!

  • ガジェット通信を≫


尿管結石は自覚症状がなく、突然の激痛に襲われると言われています。中高年の男性に発症することが多いとも言われていて、後々笑い話として話す人も多いかもしれません。

今回は尿管結石について、医師に聞きました。

尿管結石とは、どういうことが起こるのでしょうか?

尿路結石は、尿の通る経路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)に、硬い石のようなかたまりができる病気です。

このうち、尿管と呼ばれる部分に結石ができたものを、尿管結石と呼びます。

症状としては主に以下の2点が現れます。

1.痛み

症状としては、非常に強い激痛が突然現れるのが特徴です。この痛みは、強弱の波があり、数時間続くことが多いようです。

身体の中の水分が不足しがちな、夜中や明け方などに起こりやすく、痛みのために冷や汗や吐き気が出ることもあります。

2.トイレが近くなる

残尿感や、トイレが近くなるなどの膀胱刺激症状もあらわれます。

尿管結石の原因は…?

食習慣などによって、カルシウムやシュウ酸が尿に多く出ていること、体質的に結晶を作りやすいったことがあげられます。

また、水分の摂取が少ないと尿が濃くなってしまい、結石ができやすくなります。

尿管結石を起こしやすい条件はありますか?

大人も子どもも、尿管結石にかかる可能性があります。

尿管結石には、それを起こしやすい生活習慣があります。

1.脂肪の多い食生活

2.動物性たんぱく質の過剰摂取

動物性たんぱく質は、尿酸を増やし、尿を酸性に傾けてしまう傾向があるため、結石ができやすくなってしまうと考えられています。

3.水分不足

水分摂取が少ない、汗を多くかくといった脱水になりやすいかたも、結石ができやすい傾向があります。

尿管結石になったら、どんな治療を受けるのですか?

尿管結石の専門は泌尿器科です。治療は主に泌尿器科で行われます。

治療の方法は、症状の度合いや石の大きさによって異なります。

・小さい石の場合

直径5~6㎜以下の小さな石であれば、飲水を促す一方、お薬を服用し、自然に流れ出るのを待つ治療になることが多いです。

・大きい石の場合

直径7~8㎜以上の尿管結石では、より小さなものに比べると自然に結石が排出されにくいので、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)※1や、経尿道的尿管結石破砕術(TUL)※2を行う可能性が高くなります。

・重症の場合

症状がが強かったり、腎臓の腫れが出てしまっているときなどは、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)や、経尿道的尿管結石破砕術(TUL)を行って、結石を破壊して外に出やすくなする治療を行うことがあります。

※1:体外衝撃波結石破砕術(ESWL)とは…

身体の外側から衝撃波を与えて、結石を小さく砕く方法です。砕かれた結石は尿といっしょに排出されます。

※2:経尿道的尿管結石破砕術とは…

麻酔が効いている状態で、尿道から管を通し結石を粉砕する方法です。

なお、治療方法は個人の体調などによっても異なります。

尿管結石は完治するの? 再発は…?

尿管結石は、治療が完了し結石が体外に排出されれば、治癒といえます。

再発する可能性は、生活習慣や体質などによります。

尿管結石を予防することはできるのでしょうか?

先ほどお伝えしましたように、尿管結石になりやすい生活習慣があります。

そのような行動を避けることで、尿管結石を予防することができます。

いくつか、尿管結石を予防するための行動を紹介します。

1.バランスの取れた食生活を心がけること

2.食事を含めず、1日2リットルの水を摂取するようにすること

しかし、水分であれば何でもよいというわけではありません。

コーヒーは尿中に尿酸を増やし、紅茶はシュウ酸を増やすといわれています。また、清涼飲料水に含まれる糖分も結石にはよくありませんので、お水や、麦茶などがおすすめです。

【医師からのアドバイス】

尿管結石は「3大疼痛」の病気のひとつといわれるほど、激しい痛みを伴います。また、症状の出現は突然で、予測がつきません。

できるだけかからないように、バランスの良い食生活と十分な水分摂取を、普段から心がけておきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

[3]世界三大激痛って知ってる? 〜尿路結石編〜
膀胱炎になりやすい状況って? 病院にいったらどんな治療がされるの?
夜だけ頻尿…これって何が原因!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP