体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ファストジーンズ」に反逆する男、Lee Japan取締役 細川秀和

160321_bewtweqinspired-hosokawa_01

Be inspired!
東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界中の「社会変革のストーリー」を、独自の視点で切り取り、「問題への気づき」や「解決するヒント」を読者へ届け、活動している方々を応援することを使命だと考えています。
http://beinspiredglobal.com/

毎日のファッションに欠かせないジーンズ。あなたは、なにを基準に選んでいるだろうか。色?それともダメージやケミカルウォッシュに代表されるイカした加工?

もしそうだとしたら、あなたは本来のジーンズを理解していない。そんな風にジーンズを選ぶあなたはむしろ、「フェイクファションの犠牲者」なのだ。

ファストに抗う、
ジーンズ業界の反逆児

beinspired-hosokawa_02photo by Tomoko Suzuki

「真っ青なジーンズを10年、20年と履き込んで、やっと『なにそれ、すげーかっこいーじゃん!』って人から言われる。あの時、犬の散歩しててコケた擦り傷が今もここに残っているけど、まだ履いていたい。そんな洋服としての終焉を迎えても、ずっと一緒にいたい。そう思える商品が、本来のジーンズ」。

beinspired-hosokawa_03photo by Tomoko Suzuki

そう熱く語るのはジーンズ業界の「反逆者」、Lee Japan取締役の細川秀和だ。この男はなんと、ファスト化したジーンズをたった一人で「無理やりスロー化」しようとしているのだ。

どこでも買える
“履き込んだジーンズ”

beinspired-hosokawa_04photo by Tomoko Suzuki

ジーンズはかつて、スローファッションの代名詞のような存在だった。それが今や、ファストファッションの主力商品。

「ストレッチデニム1本、990円」「ケミカルウォッシュデニム、2本で2,990円」。こんな表示を店先で見ても、別に驚きもしないだろう。

「『いかに履き込んだように見せられるか』という“フェイク”の加工ができるようになったもんだから、人々は本来長年履かないと出ない”ジーンズの味”をお金で買うようになってしまったんです。それも、ものすごい低価格で」。

売れれば売れるほど
「誰かが犠牲になる」仕組みbeinspired-hosokawa_05

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。