ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

綾瀬はるか 不器用なOL役なら随一も「非憑依型女優」との評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いくら当代随一人気の高い役者といえども向き、不向きはある。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が、綾瀬はるかについて分析した。

 * * *
 冬ドラマもいよいよエンディング。突出した視聴率や人目をひく話題が乏しかった感は否めない。「朝ドラ史上最高視聴率獲得か」と騒がれている『あさが来た』が、一気に話題をさらった感じが、しなくもない。

 ちょっと気になるのが、出ずっぱりのあの“国民的女優”のこと。その広範な人気ぶりと、しかしどこか掴まえどころのない演技の力。『わたしを離さないで』(TBS系)で主役の重責を果たした、綾瀬はるかだ。

 このドラマ、オンエア前は評判上々で意欲作と目されていたが、幕を開けると初回視聴率6.2%。ゴールデン枠民放ドラマで最下位。「“視聴率女王”と名を馳せてきた」綾瀬はるかという「人気女優を配してこの数字とは」と驚くメディアも。

 このドラマのテーマは「臓器移植」。「臓器を提供する」という特殊な使命を持つ少年少女の話から始まり、どんよりと重たい空気のせいだったのか。スタート後も話題はなかなか盛り上がらず、数字も伸びず。ドラマの中で、綾瀬はるかの演技はしっかりと抑えが効いていた。台本を深く読み込み一つ一つ丁寧な演技をしている──そんな好印象だった。真面目な性格が滲み出てくるような。しかし、だからといってドラマがオーラを放つわけではなかった。

 その連ドラが終わった翌日だ。NHK日本放送協会90周年記念という鳴り物入り大河ファンタジー『精霊の守り人』で、またまた主役として登場。

 今度は、バルサという女用心棒役。派手なアクションあり、男のようないでたちで立ち回る姿は、同局の大河ドラマ『八重の桜』を彷彿とさせる。ハンサムウーマン、クールな女性、男まさりの切れ味といったイメージを全面に打ち出そうとした八重。しかし今一つ、お茶の間に浸透しなかった。

 では、今回の女用心棒役はどうなのだろう? アクションシーンには、たしかに血の滲む稽古の痕跡を感じさせるものがあった。一生懸命やりました感は、十二分に伝わってきた。でも、手放しで拍手喝采というよりは「綾瀬はるかが、よくあそこまでやったね」という褒め方の方がぴったりくる。

 役者には向き不向きがある。その人が持っている個性や資質、良さを作品とフィットさせる必要がある。綾瀬はるかは、いったいどんなタイプの役者なのだろう? もう一度、考えさせられてしまった。

 何がウリなのか。何を演じたらハマリ役なのか?

 彼女にあうのはむしろ、『今日は会社休みます』(日本テレビ系・2014年)の主人公のような、ひっこみ思案でオドオドしていて人生に不器用で、しかし夢があり自分らしく生きたいと強く願うOL──そんな等身大の役柄でこそ、役者としての資質が存分に輝き出すタイプでは? 現代を生きる30代OLをあそこまでボクトツでちょっと鈍くさくリアルに演じ切る役者は、綾瀬はるかをおいて他になかなかいないのでは?

 太陽のように自らぎらぎらとエネルギーを発したり、演技の巧さで魅せたりするタイプとは違う。憑依型でもない。しかし、綾瀬はるかは、彼女にしかない独特な匂いを放つ。真っ直ぐな潔さ、佇まいの美しさ。誰かの光を得て輝く、白い月のような役者。

 一方、『精霊の守り人』はすべてが虚構で構成されている壮大なファンタジー。その世界の中ではむしろ、「なりきり系憑依型役者」の方が力を発揮するのかもしれない。例えば二階堂ふみ、高畑充希、仲間由紀恵……少女から老女まで誰にでもなりきって自分なんかすっかり消してしまえるような、シャーマニスティックで切れ味の良い役者たちの方が。

 綾瀬はるかを批判することが目的ではない。そうではなくて、作品と役者のとりあわせには「適材適所」というものがあるということ。公共放送が莫大な費用と時間をかけ大河ファンタジーを制作するのなら、キャスティングについてもっと練る必要があったのかも……と思っていた矢先にこんな記事を見た。

「『精霊の守り人』 綾瀬はるかのバルサ、小学生を魅了」という見出し。「原作シリーズが小学生の“必読書”になっていることもあり、「4~12歳」や読書感想文を書いた経験がありそうな「13~19歳」によく視聴された」(「オリコンスタイル」2016.3.25)。

 なるほど、「小学生にウケる仕上がり」か。それはそれでいい。でも、NHKが総力を挙げて制作する90周年記念超大作だとすれば。大人の視聴者も説得して欲しい。

【関連記事】
『八重の桜』挽回へ綾瀬はるかが会津のグルメ食べよとの提言
視聴率好調の綾瀬はるかドラマ その理由をテレビ評論家解説
綾瀬はるか 芦田愛菜芸人のモノマネするもスタッフ愛想笑い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP