ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileが米国法人の拠点をサンフランシスコに移転、リストラも行ったと伝えられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile が苦戦している米国市場で最近、事業体制を一新した模様です。海外の WEB サイト Re/Code が伝えました。同サイトによると、Sony Mobile は今年に入って米国法人のトップを塩見 邦彦 氏に交代せさ、拠点を元々のアトランタからサン・フランシスコのベイエリアにひっそりと移転。その際、人数は不明としていますが、リストラも敢行したと伝えらえています。Sony Mobile 米国法人のトップが変わったのは Xperia Z5 / Z5 Compact の米国発売の際に明らかになっていることで、それ以外の情報は初めて伝えられたことになります。Sony Mobile は 2014 年までは米国の大手キャリア Verizon や AT&T、T-Mobile 向けに独自モデルを出すなど、積極的に商品を出してきましたが、昨年は Verizon からの発売が予定されていた Xperia Z4v が発売中止になったほか、今年に入ってようやく発売された Xperia Z5 / Z5 Compact はキャリアから発売されないという事態に陥り、シェアは徐々に下がってきています。Source : Re/Code

■関連記事
Samsungが来年にも曲がる7インチスマートフォンを発売するとの噂
5インチディスプレイの「Moto X3」の噂
Jide、Nexus 9 / Nexus 10用の「Remix OS 2.0」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP