ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

透明感まで再現!カリブ海をイメージしたテーブルが美しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おウチやカフェでのリラックスタイムの名脇役といえば、コーヒーテーブルではないでしょうか?

デザイナーのAlexandre Chapelin ( アレクサンドル・チャップリン)さんが手掛けた「LAGOON(ラグーン)」は、“世界一”と言ってもおかしくない、美しいテーブルです。

オーシャンブルーの透明感を見事に再現

カリブ海に浮かぶセント・マーチン島の海をイメージしたというこのテーブル。

海の一部をそのまま切り取ったかのように、四角いテーブル全面で海が表現されています。

素材は、白い砂を思わせる地表にはトラバーチンという大理石、神秘的なブルーの海には特殊な樹脂が使用されていて、海の深さまで感じさせる圧巻の仕上がり。

地表の層で海の色にコントラストが生まれ、その美しさに思わず見惚れてしまいます。

リビングがたちまち楽園に!?

このテーブルが制作されているのは、なんと海のモチーフになっているセント・マーチン島その場所。

カリブ海に浮かぶ島・・・家具作りにはなんとも非現実的なロケーションですが、だからこそ既成概念に囚われないこんな素敵なテーブルが生まれたのかもしれませんね。

 

自宅で過ごすコーヒータイムを楽園の時間に変えてくれる、素敵過ぎるテーブルですね☆

Facebook
https://www.facebook.com/LA-TABLE-839887199394007/

インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP