ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

時差ぼけを軽減LED照明のエアバス新型機、シンガポール航空が導入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タイムゾーンをまたぐ海外旅行に付き物なのが時差ぼけ。特に北米や欧州などへのロングフライトでは日本と昼夜が逆転するため、到着後に眠気やだるさに悩まされることが多い。

その時差ぼけを軽減する飛行機が、エアバス社の新型機「A350 XWB」だ。客室の照明にLEDを使い、色温度などを適時変えることで乗客の体内時計を調整するのだという。

・“太陽光”で微調整

私たちの体はリズムを刻んでいるが、短時間でタイムゾーンをまたぐと体内時計と到着地時間との間にギャップが生じる。そのズレによる症状が時差ぼけだ。

A350 XWBではフライト中、太陽光を真似てそして自然なリズムでLEDを灯す。人の体は光によって刺激を受けるので、乗客は移動しながら体内時計を調整することになり、時差ぼけ軽減が期待できるのだという。

・日本には19年登場?

LED照明のほか、A350 XWBは燃費が良いこと、機内が静かでゆったりしたつくりであることなども特徴。

すでに中東のカタール航空が導入し、そしてこのほどシンガポール航空も運航を始めた。

日本の航空会社では、日本航空がA350-900型機を18機、 A350-1000型機を13機発注済みで、19年にも登場する見込みだ。

時差ぼけは放っておいても自然に収まるものだが、1週間といった短期の旅行の場合は、なるべく早くズレを解消できるに越したことはない。

これからの飛行機はLED照明使用がスタンダードになるのかもしれない。

A350 XWB

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP