ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョナ・ヒルが映画『Mid ’90s(原題)』で監督デビューへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mandatory Credit: Photo by Broadimage/REX/Shutterstock (5579745n) Jonah Hill 'Hail, Caesar!' film premiere, Los Angeles, America - 01 Feb 2016 Hail, Caesar! - Los Angeles Premiere

ジョナ・ヒルは、自身が執筆した脚本をもとに、成長物語を描く映画『Mid ’90s(原題)』で、カメラの裏側へ回り監督としてデビューする。

同作のストーリーの詳細は明かされていないが、複数の情報筋によると、1990年なかばにロサンゼルスにやって来た少年が、スケートボード仲間の友人たちから人生について教わる話だという。ヒルは、同作には俳優としては出演せず、製作開始日はまだ調整中だ。

同作は、スコット・ルーディンとイーライ・ブッシュが、数多くのコラボレーションを行ってきた米映画製作・配給・投資会社A24と共にプロデュースする。

同作は、若きコメディアンから多才な俳優へと転身し、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、映画『マネーボール』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたヒルのキャリアで、さらにもうひとつの大きなステップとなる。

ヒルは監督を務めるのは初めてだが、脚本を手掛けるのは初めてではなく、映画『21ジャンプストリート』、テレビアニメシリーズ『Allen Gregory(原題)』、映画『The Adventurer’s Handbook(原題)』の脚本を執筆してきた。

ヒルの次回作には、マイルズ・テラーと共演する映画『War Dogs(原題)』が控えており、直近に公開される作品には、映画『ヘイル、シーザー!』がある。また最近、ジェームズ・ボビンが前作に引き続き再び監督を務め、ヒルとチャニング・テイタムも再出演する映画『23 Jump Street Men in Black(原題)』の製作に米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが動いていると発表された。

ヒルは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、LBIエンターテイメント、カール・オースティンと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。