ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

KOUHEIが『YON FES』出演バンドを褒めまくる!? AWA OKMusicアカウントにフォーリミのプレイリスト追加!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

現在AWA OKMusicオフィシャルアカウントで公開中のプレイリストに、新たに04 Limited Sazabysのプレイリストが加わった。今回はプレイリストの楽曲とokmusic UP’sのインタビューページで公開中のコメントをあわせて紹介する。
04 Limited Sazabys (okmusic UP's)

テーマは『YON FES 2016出演アーティスト』!
4月2日(土)&3日(日)に愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)で主催野外フェス『YON FES 2016』を開催する04 Limited SazabysのKOUHEI(Dr)よりプレイリストが届いた。タイトルはずばり、“YON FES 2016出演アーティスト”。『正直、5バンドを選ぶのはすごく迷いましたが、特に“この曲のドラムを叩きたいなー”なんて思った曲を選んでみました』と、出演バンドへのリスペクトを言葉にしている。『YON FES 2016』に参加する方はぜひプレイリストを予習に役立ててほしい。

“衝撃があった”“秀逸すぎる”とKOUHEIも絶賛の2曲
まずはじめに、SHANKからは「Cigar Store」が選曲された。『英詞なのに歌いたくなっちゃう曲。初めて聴いた時、“こんなにもストレートでテンションが上がる曲があるんだ!”という衝撃があったかもしれません』。KOUHEIのいちリスナーとしての素直な感想通り、ストレートで耳馴染みの良いメロディーと英語の歌詞が心を揺さぶる一曲だ。

Wiennersの「みずいろときいろ」については、『Aメロ→Bメロ→サビへの期待感がどんどん増す曲です。というより、ボーカル玉屋2060%さんの書く曲が秀逸すぎる』と先輩ミュージシャンへの敬意をコメント。プレイリストのどの楽曲にも共通して言えることだが、KOUHEIの素直な言葉は楽曲の魅力をダイレクトに伝えてくれる。

同世代のバンドも褒めまくる!
出演ラインナップを未来のバンドシーンを担う同世代のバンドがほぼ占める今回の『YON FES 2016』。タイトルのインパクトが強烈なBrian the Sunの「神曲」については、『最初は“おいおいまじかよ、そんなタイトル付けちゃって”と思いましたが、完全に神曲でした。ギターのチューニングが特殊なのも魅力ですね』と、タイトルと楽曲の完成度がイコールであることをコメントしている。

『YON FES 2016』2日目にあたる4月3日(日)に出演するキュウソネコカミからは、代表曲のひとつでもある「ビビった」を選曲。『この曲もそうですが、キュウソの曲は歌詞が振り切っていて、“もっとやれ!”って気持ちにさせてくれます』というコメントにもあるように、現代の音楽シーンを一蹴する歌詞と、耳に残るフレーズが痛快。『コミカルな部分が先行しがちですが、弱い者の味方でいてくれるような、心強い兄ちゃん的な存在です』と人間的な部分にも触れている。

最後に紹介するのは、BLUE ENCOUNTの「もっと光を」。『どストレートな歌詞には少し抵抗がある僕ですが、ここまで強い思いを放たれるとそんなことも気にならないぐらい聴き入ってしまう曲ですね』といったコメント通り、サビで繰り返される《もっと光を》というフレーズのほかにも、一点の曇りもない真っ直ぐな言葉たちが胸を打つ。

KOUHEIが選んだ5曲のプレイリストの最後には、AWAで配信している自身の楽曲のランキングトップ3を掲載。フェスの主催という大役に挑むフォーリミの楽曲もフェス参加者ならぜひ視聴してから会場に足を運んでいただきたいものだ。プレイリストに登場したアーティスト以外にも、『YON FES 2016』には魅力的なアーティストが多数出演する。プレイリストの楽曲がすべて披露されるかはさておき、気になるバンドのステージをぜひ体感してほしい。

AWAがPCでも楽しめる!
また、今回AWAからPC向けアプリの正式版がリリースされるというニュースも届いた。これまでスマートフォン向けアプリとして提供されてきたAWAだが、PC向けアプリでも同様の機能を利用できるようになった。β版として1月にStandardプランとTrialプラン(トライアル無料期間中)の方を対象に先行で提供していたものが、新たにLiteプラン、Freeプランの方も対象となり、全てのユーザーが利用できる。

さらに、PC向けアプリでは、プレイリスト作成時に楽曲を複数選択し、ドラック&ドロップで楽曲を追加できるなど、PCならではの操作性の高さを活かし、快適に利用できる機能を実装。AWAには1万を超える“作業用”をテーマにしたプレイリストが作成されているため、仕事中や自宅での作業中など、PCの利用シーンに合わせて音楽を楽しむことができるようになる。ぜひ今回紹介したプレイリストをPCでも楽しんでみてほしい。

※PC向けアプリは、スマートフォン向けアプリ「AWA」で、アカウントをお持ちの方のみご利用いただけます

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。