ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤ちゃん連れのお葬式は大変!続々やってくる親族にびびりお経に泣きじゃくる娘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

娘が0歳8ヵ月のとき、それまで元気だった私の祖父が亡くなりました。

100歳。ボケもなく、一人で歩くこともできるしっかりした祖父でした。

本当に最後まで元気で大往生。

もっと生きてほしかったけれど、良く生きた!と親族一同思っていたことでしょう。

亡くなるとあるのは、お通夜にお葬式。

娘はまだ小さい。

夫に託して私だけ参列することも考えましたが、やっぱり家族で参列し祖父を送りたい。

娘と夫と私の3人で、祖父の家に向かいました。

祖父の家では親族が集まり、とりとめのない話や葬儀の準備をして過ごしていました。

このときまでは、娘もぐずらず静か。

ただ、普段から私の父の顔を見ると泣く娘。

父同様に、父の兄弟姉妹の顔を見ると泣くのです。

娘の顔を見に入れ代わり立ち代わりやってくる父と、父の兄弟姉妹。

もうぎゃん泣きです。

泣けばよけいにどうしたことかとやってくる。

やってくるから泣くの繰り返し。

泣きすぎて冬なのに娘は汗だく。

もう来ないでくれ…。と心のなかでつぶやくのですが、口にだしては言えません。

そうこうしているうちに、通夜会場へ移動する時間になりました。

通夜会場に移動して、にわかにあわただしくなってきた親戚一同。

父や父の兄弟姉妹が周りにいなくなり、落ち着きを取り戻した娘にほっと肩をなでおろします。

そして、通夜が始まりました。

それぞれの席に座り、お坊さんがやってくるのを静かに待ちます。

娘もおとなしく、よしよしと思っていました。

お坊さんがやってきて読経。

するとどうでしょう、読経の声と共鳴するかのように娘が泣きだしたのです。

これはいかん、とさっと席を立ち会場の外へ。

抱っこしてあやしていましたが、泣き止みません。

結局、会場内にいたのは最初とお焼香のときだけ。

その他の時間はずっと会場の外におり、モニターでなかの様子を見ていました。

その晩は会場に泊まり、お線香とろうそくの火を絶やさぬようにするはずでしたが、

娘の様子を見た父が家へ帰ることを勧めてくれました。

翌日はお葬式。

お葬式でもやはり読経の間は泣いて会場に入れず、外で待つ羽目に…。

その後の法事でも同じようなことがつづきました。

本当なら、しっかりと会場内で祖父をしのぶべきお通夜にお葬式、そして法事。

私もそうしたいと思いながらその思いはかないませんでした。

会場の外にはいましたが、しのぶ気持ちは祖父にきっと伝わっていると信じています。

初めての体験にビックリし、泣き疲れた娘にも良く頑張ったと言ってくれていることでしょう。

それにしても娘連れのお通夜・お葬式は大変でした…。

あんなに泣いていた娘、今ではすっかり読経にも法事の場にも慣れました。

父にも慣れましたが、父の兄弟姉妹に慣れるのにはもう少し時間がかかりそうです…。

著者:endo_hana

年齢:34歳

子どもの年齢:3歳

ママっ子で少々元気過ぎる一女(3歳)の母です。

流産の経験を経て、現在3度目の妊娠中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

イチャモンだらけの義父に振り回されっぱなし!!てんやわんやの五月人形選び
義母も母も着物、ということは私も5時起きで着付け?!娘のお宮参りは大わらわ
7カ月の次男、結婚式でとんでもないいたずら!友人代表挨拶の大役を終えて戻ると…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。