ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真田丸で話題の49才新人俳優・高木渉の素顔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜20時~他)で、主人公信繁の義兄・小山田茂誠を演じる高木渉(49才)。初登場以来、そのインパクトの大きさから「この人は一体誰?」と彼の名をネットで検索する人が急増。

 テレビドラマに出る俳優としては新人だけれど、実は声優としてはアニメや海外ドラマの吹き替えなどで活躍する“名優”だった。今回は知られざる“茂誠さま”の素顔に迫ってみました。

「よくね、テレビの印象と違うって言われるんですよ、アハハハハ」

 と何かにつけて豪快に笑う。大河で見せる神妙な面持ちとは打って変わって、普段はとてもひょうきんな性格のようだ。大河を通してお茶の間でブレイクを果たしたことをたずねてみると…。

「すごくうれしいです。やっぱり三谷(幸喜)さんの脚本のおかげですね。人間ドラマが面白くて、いつも次の台本が出来上がるのが楽しみなんです。NHKのスタッフさんの素晴らしい仕事ぶり、そして主演の堺(雅人)さん、(大泉)洋さん、草刈正雄さん、草笛光子さん、高畑淳子さん…、他にも数えきれないほどのベテラン俳優の皆さんとご一緒できるからこそ、50才を目前にしたぼくでも“新人”でいられるんです」

 堂々とした演技からは信じられないが、意外にも本格的な実写の映像作品は初めて。

「20代のころにテレビ神奈川で小学生向けの番組をやっていたことはありますが、それ以外はずっと声優の仕事が中心。あとは仲間と立ち上げた劇団などで舞台公演をずっとやっていました」

 そんな中、ひとつの転機が訪れた。2014年から放送された三谷幸喜脚本の人形劇『シャーロック ホームズ』(NHK)でジョン・H・ワトソンの声を担当したときのことだった。

「この番組のプロデューサーの1人、吉川(邦夫)さんからある時、“渉さんは映像に興味ないの?”って聞かれたんです。もちろん興味はあったのですが、ぼくには向いてないだろうなって思っていたところ、“今度、三谷さん脚本の大河で渉さんに合う役があるから、やってみない?”と言ってくださったんです」

 もともと2009年の連続人形活劇『新・三銃士』(NHK)のポルトス役や舞台『三谷版 桜の園』に出演するなど、三谷作品とは大きなかかわりがあった。

「三谷さんからも同じ時期に“来年のスケジュールあいてる?”と言われて。今から映像の世界って右も左もわからないけど、もう何としてもやりたいっていう気持ちが沸き上がってきましてね(笑い)」

 台本の読み合わせ、スタジオでの撮影、ロケの何から何まで初めての経験だ。

「撮影していると周りも甲冑を着た戦国武士がたくさんいるわけでしょう? なんだか戦国時代にタイムスリップしたみたいで不思議な感覚です。才能あふれる魅力的な役者さんたちと、普段とは違う空間を体験できて、これほど役者みょうりに尽きることはないなって思います」

 現在、『真田丸』でのシーンはないが、今後、再びお茶の間に茂誠として登場するとも。茂誠さまの再登場が待ち遠しい。

【Profile】
たかぎ・わたる●1966年7月25日生まれ、千葉県出身。1988年アニメ『ミスター味っ子』(テレビ東京系)で声優デビュー。代表作に『名探偵コナン』(日本テレビ系)の小嶋元太、高木刑事や人形劇『シャーロック ホームズ』(NHK)のワトソン役など。NHK大河ドラマ『真田丸』では重要な役どころである小山田茂誠を熱演し、話題に。

撮影■田中智久

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
杏、ギャラクシー賞贈賞式で魅せる美しさ 多彩な演技が評価
最高視聴率の大河脚本書いたジェームス三木が『真田丸』を語る
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP