ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホステス必携の心得帖【9】 プロとしての資格

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 色気は売っても心までは売ってはいけない──こんな133の警句が並ぶ冊子が話題だ。大阪・北新地社交料飲協会の初代理事長(故人)が1980年に作った「ホステス心得帖」は昨年11月に再出版され、版を重ねている。男が読んでもためになる「お水の教科書」から、「プロとしての資格」の章を紹介しよう。(全10回)

(1)お客様は、貴女の友達ではない。あくまでお客様である。有名人が気安く話してくださったからといって、あなたが有名人になったわけではない。勝手に友達呼ばわりしないこと。

(2)店外でお客様と出会った時、相手から声を掛けてこない限り、こちらから声を掛けないこと。視線が合ったら目礼だけすれば良い。特に相手が家族連れの時は、素知らぬ顔をして通り過ぎよ。

(3)ホステスといえども立派な職業。色気は売っても心までは売ってはいけない。

(4)営業外のときの服装・化粧で、一目見て水商売と判るようでは、一人前ではない。一流のホステスは、素人と区別がつかぬものだ。

(5)ウェイターなど、裏方の人たちに威張らないこと。人間は、自分より立場の弱い人に対する態度で、その人の値打ちが決まる。

(6)チヤホヤされるのは“若さ”と“美しさ”のため。それは10年続くわけではない。

(7)お客様は、世間で言えば常に立派な人たち。軽く扱ってはいけない。

(8)好意を見せても、ウソはつかぬこと。

(9)今の収入は、世間的に異常に高いものであることを忘れずに。いつかは下がって正常に戻る時がくる。その時を覚悟しておくことが必要。

(10)ホステスは、お金を貰っているプロであることを忘れないこと。プロとは、甘えを許されない人種である。

(11)いつも、何かにつけて貰ったり、ご馳走になっているためか、何でもタダでしてもらう癖がつき、ホステスは貰い下手が多い。どんなに些細な事にでも、素直に「ありがとうございます」と口に出して謝意を表すること。他人の好意に甘え、必要以上に期待し、そして感謝の気持ちが持てないのは、人間の屑である。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
ホステス必携の心得帖【4】 座持ちのテクニック
ホステス必携の心得帖【3】 飲み方と飲ませ方
ホステス必携の心得帖【6】 お客様との私的交際

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP