ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飛騨高山の朝市 プロも使う野菜や加工品が手頃価格で入手可

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 色鮮やかな果物や野菜、味噌や漬物など手作りの加工品、民芸品が並ぶ、飛騨高山(岐阜県)の朝市。

「よう来てくれんさった」「今日は暖かくなったでな」。出迎えてくれるのは、「かかさ」(地元の方言で「お母さん」)たちの温かな言葉だ。売り子は農家の女性が多く、笑顔で勧められる自家製の餅や漬物の試食につい手が伸びる。

 高山の朝市は毎朝、「宮川朝市」と「陣屋前朝市」の2か所で開かれる。起源は1820(文政3)年頃に高山別院を中心に開かれた桑市とされる。以後、米市、花市となり、場所を変えながら現在のように品揃えが豊富な市に発展した。ともにJR高山駅から徒歩10分程度の距離にあり、多い日にはそれぞれ約40軒が立ち並ぶ。

 北アルプスに囲まれたこの地方は水が良く昼夜の寒暖差が大きいため、農産物は甘みと旨みを増す。「新鮮な野菜を仕入れに毎朝、通っています」と話すのは江戸時代創業の料亭『精進料理 角正』の12代目主人・角竹正至さん。

 プロも使う野菜や、朴葉味噌などの加工品が手頃な価格で手に入る。通りでは、郷土料理の五平餅や飛騨牛串焼きなどの食べ歩きも楽しめる。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
輪島の朝市 溌剌と働く「輪島女」が朝市を活気づける
大量の売れ残りが出る大雨の日 割引多くなり買物のチャンス
金子哲雄氏 地震の影響で魚・野菜・果物の値上がりを予測

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP