ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』の試写会が開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタリー映画が全国ロードショーで公開される。そして、その試写会が4月2日・3日にセブンシネマ倶楽部で行われる予定だ。

赤塚不二夫“生誕80周年”

Photo by 荒木経惟

注目するべきは“マンガも面白いが本人はもっと面白い!!!”との作品紹介文にもある、破天荒でデタラメな彼の人間ドラマ。だが、主題曲の作曲・唄を担当するタモリや、タブラ奏者のU-zhaanや音楽家の蓮沼執太など、豪華な制作陣や出演者も見逃せない。どんな話が聞けるのかーー。その詳細を見てみよう。

内容は、主に関係者インタビューや秘蔵写真、プライベート映像、幻のテレビ番組など、膨大な素材を再構築して作られたもの。最高傑作との呼び声も高い作品『レッツラゴン』のキャラクターがアニメーションで登場し、本人の肉声と関係者たちの視点で語られる様々な物語を案内する。

「笑ってくれれば死んでもいい!」

Photo by 國玉照雄

Photo by 荒木経惟

映画をプロデュースした坂本雅司氏は、こうコメント。

「あの突き抜けた明るさと同時にあるシニカルなギャグセンス。それは、閉塞的でどんどん不自由になっている社会で、我々を勇気づけてくれます。彼を現代に降臨させることで、どんなときも自由な精神でいられることや、すべて『これでいいのだ!』という、そんな開放性をみなさんと共有していきたいのです。これからの世界を生きていくうえで、そんな明るいバカバカしさこそが、大きなヒントのひとつになるのではないかと思っています」。

タモリの「ハナモゲラ語」炸裂?
ほぼ即興で録音した楽曲とは…

主題曲『ラーガ・バカヴァット』を唄っているのは、赤塚と親交の深かったことで知られているタモリ。ちなみに、“ラーガ”はインド音楽の旋法で、“バガヴァット”はサンスクリット語で「聖者」を意味する。“バカボン”の語源になったとされる言葉だ。

坂本氏からは、こんな裏話も。

「タモリさんには、当初はインタビューさせていただきたいと思っていました。ところが、あの有名な赤塚さんへの弔辞ですでに語り尽くしているため、改めて語ることは難しいというお返事だったんです。とはいえ、ふたりの関係はとても重要です。何か方法はないかと考えました。

今回、音楽を担当しているタブラ奏者のU-zhaanが『ヨルタモリ』に出演していたこともあり、歌ならもしや参加していただけるのではないかと、駄目元でお願いしました。すると、うれしいことにOK。多忙のなかレコーディング・スタジオに来ていただき、エンディング曲は『ハナモゲラ語』で歌って欲しいとも伝えました。チームは何度か『ヨルタモリ』でセッションをしていたため、録音も非常にスムーズ。ほぼ即興で歌っていただきました。いい意味でとてもいい加減な感じになり、まさに赤塚さんらしい曲になったと思います」。


2016年4月2日、3日とセブンシネマ倶楽部で開催される試写会には、プロデューサーの坂本氏に加え、漫画家・江口寿志氏や松尾スズキによるトークが行われる予定だ。貴重な話が聞けるかもしれない。詳しくはコチラから確認してみよう。

※都合により、出演者・内容が変更となる場合があります。

Licensed material used with permission by 株式会社グリオ

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
死後の世界を描いた「17枚のイラスト」に考えさせられる・・・
「ミニ盆栽」のススメ 仕事が手につかなくなるほどカワイイ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP