体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』の試写会が開催

生活・趣味

2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタリー映画が全国ロードショーで公開される。そして、その試写会が4月2日・3日にセブンシネマ倶楽部で行われる予定だ。

赤塚不二夫“生誕80周年”

映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』の試写会が開催

Photo by 荒木経惟

注目するべきは“マンガも面白いが本人はもっと面白い!!!”との作品紹介文にもある、破天荒でデタラメな彼の人間ドラマ。だが、主題曲の作曲・唄を担当するタモリや、タブラ奏者のU-zhaanや音楽家の蓮沼執太など、豪華な制作陣や出演者も見逃せない。どんな話が聞けるのかーー。その詳細を見てみよう。

内容は、主に関係者インタビューや秘蔵写真、プライベート映像、幻のテレビ番組など、膨大な素材を再構築して作られたもの。最高傑作との呼び声も高い作品『レッツラゴン』のキャラクターがアニメーションで登場し、本人の肉声と関係者たちの視点で語られる様々な物語を案内する。

「笑ってくれれば死んでもいい!」

映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』の試写会が開催

Photo by 國玉照雄

映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』の試写会が開催

Photo by 荒木経惟

映画をプロデュースした坂本雅司氏は、こうコメント。

「あの突き抜けた明るさと同時にあるシニカルなギャグセンス。それは、閉塞的でどんどん不自由になっている社会で、我々を勇気づけてくれます。彼を現代に降臨させることで、どんなときも自由な精神でいられることや、すべて『これでいいのだ!』という、そんな開放性をみなさんと共有していきたいのです。これからの世界を生きていくうえで、そんな明るいバカバカしさこそが、大きなヒントのひとつになるのではないかと思っています」。

タモリの「ハナモゲラ語」炸裂?
ほぼ即興で録音した楽曲とは…

映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』の試写会が開催
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会