体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

酷派(Coolpad) 7600は3.5インチ2画面搭載の折りたたみ式Androidスマートフォン

中国の端末メーカー酷派(CoolPad)が9月26日~30日までの間、中国・北京で開催された「中国国際通信展覧会 2011」において、日本では発売されていないタイプの折畳み式Androidスマートフォン「7600」を公開しました。
1枚目の写真を見ると、国内でも発売されているテンキーを搭載した折畳み式端末に見えますが、実は背面にも同じサイズのディスプレイが搭載されています。それぞれサイズは3.5インチWVGA(液晶はシャープのASV液晶とのこと)、タッチパネルは静電容量式です。

端末を閉じると2枚目の写真のようになります。下部にはAndroidの操作ボタンが搭載されており、この状態でフルタッチ型端末としても使用できます。フルスペックは公開されていませんが、OSバージョンはAndroid 2.3(Gingerbread)、背面(テンキー部分)に500万画素CMOSカメラを搭載。通信方式はGSMとWCDMAに対応しています。
Source : CNMO
 


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Ericsson Xperia activeが海外で発売
Galaxy Tab 7.7、スイスでは12月に発売、価格は€530~
米Virgin Mobile、スライドキーボードを搭載したコンパクトなAndroidスマートフォン「LG Optimus Slider」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。