体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外国人に恋する前に見てほしい!シャイで奥手な日本男児が実はかっこいい理由

突然ですが、みなさんは外国人と日本人、どちらが好きですか?
 
外国人といってもさまざまですが、海外への憧れを外国人への好意と勘違いしてしまう人も少なくないのではないでしょうか。

 
今回は、身近な存在に目を向けてほしい!という私の個人的な思いから、外国人に負けてない日本男児のかっこいいところをご紹介したいと思います。
 

塩っぽさがちょうどいい!?

pixta_20597632_M

photo by pixta

欧米やヨーロッパの人は目鼻立ちがすっきりしていて、「高すぎだよ!」というくらい鼻が高く、基本的に顔がハッキリしていて主張が強いですよね。
 
それに比べて日本人は眉毛と目の間隔も狭くないですし、唇もあまり厚いほうではありません。いわゆる、今はやりの「塩顔」です!

(昔はおちょぼ口なんていわれていたのに、表現豊かな時代になりましたね)

 
3Dで飛び出してきそうな自己主張の強い顔が苦手!という方にちょうどいいのが、日本人の塩っぽさではないでしょうか。
 

あなたを待たせないマメな性格

pixta_17434477_M

photo by pixta

時間にルーズかどうかは大事なポイントです。女性は服のコーディネートから髪型、化粧と何かと準備に時間がかかります。ましてや好きな人とのデートなら尚更気合いが入ってしまいますよね。
 
やっとの思いで待ち合わせ場所についたと思ったら彼がいない!なんてことが起こりにくいのが日本人男性のいいところ。

 
時間を守ることが生活の基準となっている日本人男性には、「5分前行動」という概念があります。連絡もマメに返してくれますし、約束も守ります。

 
一方で、外国人の方と仕事などで連絡をとっていると、全然連絡がつかないなんてことがよくあります。電話をかけようものなら「今日は朝から予定があって、それでね、だから、」と約束を平気で延ばしてきます。
 
待たされるのが嫌いな女性にとって、日本人のマメさは好条件なのではないでしょうか。
 

古きよき寡黙さに安心できる

shutterstock_173390906

photo by shutterstock

誰にでもフレンドリーにボディタッチをしたり挨拶代わりに口説いたりする外国人。その積極性に救われることもあれば、ちょっと引いてしまう人もいるのではないでしょうか。

 
日本は忍や武士の国です。隠密行動や個人鍛錬に地道に励んできたことから、秘密を守ることに慎重であり、無用なことは語りません。
 
「背中で語る」という言葉もこの時代背景からきているのではないか、といわれています。

 
本気の女性にしか自分の本音を打ち明けませんし、晴れてパートナーとなった暁にはどっしりとあなただけを見つめてくれます。そんな硬派で寡黙な日本人男性、素敵だと思いませんか?
 

内に秘められた熱い一面

pixta_18403485_M

photo by pixta

シャイで奥手といわれる日本人男性。草食系だなんて流行語まで誕生してしまって、情けない!なんて、思っても口にしてはいけませんよ。
 
他国に比べ黙々と仕事に取り組みすぎてしまう姿勢を「効率が悪い」なんて指摘されがちですが、そもそもオーバーワークしてしまうのは「目標を絶対達成したい!」という内に潜む芯の熱さがあるから。

 
普段は温厚でちょっと頼りないのに、いざってところでしっかりとキメてくれる日本人男性、かっこいいです!たまに見せる真剣な横顔に弱い女性も多いのでは?
 

「おもてなし」の心に優しさが滲み出る

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。