体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春だ! 桜が咲いたので樹木医さんにお仕事や花の愛で方について聞いてみた

f:id:arkcomm:20160330224511j:plain

春になると私たちを楽しませてくれる桜の木を、一年中気にかけている樹木医。きっとお花見をするときも、専門家ならではの視点があるはずということで、現役で活躍されている方にお話を聞きました。インタビューを受けてくださったのは、多くの大木と古木、そして街路樹を診断している、日本花の会・主任研究員の和田博幸さんです。

「とにかく地を這いつくばって生きるんだ」ー”樹木医”というお仕事

—はじめに樹木医とはどんな仕事なのかを教えてください

樹木医は、街中にある身近な樹木の診断をして悪いところを直したり、地域の人たちが守りたいと思っている大木を保護したりする仕事です。講演やインタビューを受けて、樹木を大切にしてもらうための普及啓発活動もやっています。

ちょうど今の時期、春先から夏前後にかけて、全国の自治体から診断の依頼がきます。なぜかというと、葉がついている時期が一番、木が元気かどうかを診断しやすいからです。葉の大小や、多さ・少なさなどから健全な状態であるかがわかります。通常よりも葉が小さい、少ないといった異常は、何らかの原因で、土から水分や養分をきちんと吸えていないということなので、根を掘って調べ、必要であれば根や土に手を加えて治療をします。

落葉樹であれば治療は冬。冬は木が眠っているので、根を掘っても治療の負担が少ないんです。常緑樹の場合は、蒸散が盛んで生命活動が活発な真夏と、寒さが苦手なので真冬は、根に手を加えることはしませんね。

f:id:arkcomm:20160330224558j:plain

—木の病気は根に問題があることが多いのでしょうか

はい。多くの場合、原因は根と根元の土です。土の中はいろんな細菌の宝庫で、木はそれらみんなとの共生関係で生きています。共生関係のバランスが崩れ、生育を助けてくれる良い菌が減ると、木の元気が失われます。特に松なんかは顕著で、土壌の養分を集めてくれる菌糸、つまりキノコがいないと生長できないほどです。マツタケも松と共生関係を結んでいるキノコのひとつで、ただ美味しいだけじゃなくて立派な役割を果たしているんですよ(笑)。

そういうわけですから、根元の土を良い菌が住んでいるものに入れ替えるのが治療になります。人がたくさん訪れる古木や桜、それに街路樹では、根元の土が踏み固められるのですが、すると、通気性や透水性が低くなって、土の中の環境が悪化します。そんなときは表土を柔らかくほぐしてあげると、木は元気を取り戻してくれます。

私は恩師から「とにかく地を這いつくばって生きるんだ。上を向いてばかりでは木の状態がわからない、胸を張ってはいけないよ」と教わりましたが、根や土を診ている日々を考えると、本当にその通りだなと思います。

樹木医が見る美しい桜のポイントはココ!

f:id:arkcomm:20160330102201j:plain

▲山梨県北杜市にある「山高神代桜」(写真提供:北杜市観光協会)

—桜を見るときに、樹木医としてはどんな視点で見ていますか

やっぱりその木の健康が気になってしまいます(笑)。桜は花の咲き方から状態がよくわかるんです。元気な桜の木は、全体に満遍なく花が咲きます。幹から立派な枝が四方に張り、さらにその先に小枝が伸びて、均等な間隔で芽吹く。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy