ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

4分間、瞬きができない。外国人が撮影した「日本」の迫力

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

そこに暮らしているからこそ見えずらくなる魅力や躍動感が、外から見ると浮き彫りになる。これはその好例だ。

たった3週間で、東京、大阪、京都、広島などを撮影して周ったドイツ人映像クリエイター、ヴィンセント・アーバン。彼の作品『In Japan – 2015』を見て感じられるのは、世界最先端が垣間見える都市や歴史情緒溢れる下町の文化だけではない。

その時、その場、そこにいる人によって異なる千姿万態の表情を、深く、鋭く切り取り、その違いをBGMや音声との絶妙な絡みによって見事に表現した。

この動画を、日本を紹介した映像の中で史上最高と評価する人は多い。その理由のひとつは、異国の人が撮ったとは思えない“わかってる感”にある。

一瞬たりとも、目が離せない!

彼のvimeoアカウントをチェックしてみよう。トルコ、レバノン、オマーン、アメリカ(ニューイングランド)、南米諸国などなど、その他の国々も必見だ。

Licensed material used with permission by Vincent Urban

関連記事リンク(外部サイト)

【衝撃の真実】ドローンが暴いた、世界最大級・豚肉生産のリアル
ムーンウォーク連発!? 21歳の天才ダンサーが衝撃的・・・
これまでに1万回以上参拝をしてきた「神社学」教授が語る「神社の楽しみ方」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。